【PR記事】色々な香りや味を楽しめる電子タバコVape(ベイプ)のご紹介

【PR記事】色々な香りや味を楽しめる電子タバコVape(ベイプ)のご紹介

今回の記事は、電子タバコ「Vape」のご紹介です。

電子タバコ「Vape」を取り扱っているベプログさまから、商品紹介記事のご依頼をいただいたPR記事となります。

電子タバコVapeの紹介記事はスケボーに関する記事ではないため、実は掲載するか迷ったのですが、下記2つの理由からご依頼を受けました。

  • ご依頼いただいたベプログさまの方がスケーターで縁を感じた
  • 元々自分自身がVapeに興味があった

ご依頼いただいた記事だからといって、嘘を伝えることはなく、率直な感想をお伝えしていこうと思います。

また、実際に使って良いものだと思ったこともご紹介に踏み切った一つの理由です。

電子タバコに興味がある方は、ざっと読んでいただけると嬉しいです。

Vapeって何?

vape

まずは電子タバコVapeがどんなものか、ご紹介していきます。

Vape(ベイプ)とは香りの付いた液体(リキッド)を加熱して発生した、水蒸気の煙を吸って楽しむ電子タバコのことです。

国内で販売しているリキッドには、ニコチンやタールは含まれていません。
※海外のリキッドには、ニコチンやタールが含まれているものがあるそうです。

IQOS(アイコス)とどう違うの?

iQOS(アイコス)とVapeは、タバコの種類がそもそも異なります。

iQOS(アイコス)は加熱式タバコと呼ばれるタバコで、タバコの葉を加熱して煙を出す種類です。

加熱式タバコにはタールやニコチンが入っていますし、タバコに近い味を楽しめます。

違いをまとめると、こんな感じです。

  • iQOS(アイコス):タバコの葉を加熱した煙を吸う・タールやニコチンが入ってる
  • Vape(ペイプ):リキッドを加熱して発生した水蒸気を吸う・タールやニコチンは入っていない

電子タバコって、身体に悪いの?

色々と調べてみましたが、電子タバコの身体への悪影響は現時点ではなんとも言えないようです。

電子タバコで使うリキッドの成分は、日常的に口にしている食品添加物から作られているため、安全性が高いと言われてはいます。

ただ、電子タバコが普及してから日が浅いため、悪影響があった事例もない事例もない状態です。

Vapeを実際に2〜3週間使ってみた感想

商品紹介のご依頼いただいたベプログさんから、スターターキットとリキッドをご提供してもらい、2〜3週間使ってみました。

TARLESSスターターキット

Vapeを使ってみるまでは、どこまで生活に定着するかわかりませんでした。

タバコも吸っているので、Vapeと普通のタバコとの吸いわけをどのタイミングでするかもイメージできなかったり。

ただ、使い始めて2週間もすると、生活にかなり定着してきています。

タバコと違って、嫌な匂いが残ることもないため、

  • 家ではVape
  • 外ではタバコ

とうまく使い分けられています。

Vapeはリキッドによって味が大きく変わるので、次のリキッドに変えるのが毎回楽しみになっています。

また、タバコの2本目をVapeに変えることで、タバコの本数も減りました。

ただ、タバコと比べるとかなり物足りないので、Vapeをタバコがわりに吸って禁煙できるかというと微妙。

タバコというより「おもちゃ」に近いVape

2〜3週間使ってみてVapeはタバコというより、おもちゃみたいな感覚で「遊ぶ」ものだと思いました。

そして、Vapeにはスケーターが惹かれそうなこの3つの特徴がありました。

  • 煙で輪っかや渦を作るトリックがある
  • 自分だけの見た目にカスマイズできる
  • カスタマイズで煙の量や味を調整できる

詳しくはこの後説明していきますが、Vapeにハマるスケーターは多そうな気がしてます 笑

使ってわかったVapeの4つの魅力

ここからは色々と調べ、実際に自分で試してみてわかったVapeの魅力について語っていきます。

Vapeの魅力は、下記の4つです。

  • 色々な味や香りを楽しめる
  • 手軽に吸える
  • Vapeでトリックができる
  • 本体をカスタマイズして楽しめる

 

色々な味や香りを楽しめる

色々な味や香りのイメージVapeのリキッドには数多くの種類があり、記事紹介をご依頼いただいたベプログさんのサイトを見ると719種類のリキッドがありました。

719種類のリキッドを見る

リキッドを系統で大別すると、こんな感じです。

  • タバコ系
  • メンソール系
  • バニラ系
  • カクテル・お酒系
  • スイーツ系
  • ドリンク系
  • フルーツ系
  • コーヒー系

タバコ系からスイーツ・フルーツ系と本当に色々な味があります。

カフェインが入っているリキッドもあるので、Vapeでカフェインを摂取することも可能。

実際に私が試したのは、グレープ味とバニラタバコ味。

グレープ味はお菓子の「グレープ味」を煙で吸ってる感じでした。

バニラタバコ味はなんとも言えない味で、正直不味かったです。

タバコっぽい味もするのですが、ちょっと苦くて後味も悪いので、あまりオススメしません。

次に購入する予定のリキッドは、「エナジードリンク味」と「メンソール系」です。

モンスターやレッドブルはもちろん、リポビタンD味まであります。

レッドブル味のリキッドはこちら

また、メンソール系は確実に相性が良いと思うので、メンソール系も気になってます。

「リキッドを混ぜて、自分だけの味を作る」といった遊びもできるので、味や香りはまさに無限大。

気になった方はどんな種類のリキッドがあるか、ベプログさんのショップを覗いてみてください。

「こんな味もあるんだ!」となるリキッドがあって、見てるだけでも楽しいですよ。

719種類のリキッドを見る

手軽に吸えるから場所を選ばない

Vapeはボタンを押せば煙を吸えるし、吸い殻も出ないので、ソファで寝っ転がりながらスパスパ吸えます。

家で映画を見ながら吸ってると、いつの間にかリキッドが無くなるぐらい吸ってたり。

吸い殻が出ないし、火も使ってないので、家の中ならどこでもどんな体勢でも吸えます。

ただ、あくまでもタバコでもなので公共の場では、喫煙する場でしか吸えません。

煙でトリックができる

Vapeのことを調べていくと、トリックがあることがわかりました。

煙で輪っかを作ったり、渦を作ったりと、色々なことができるようです。

スケーターの雨の日の趣味として、ぴったりかも。

カスマイズして自分好みの本体にできる

スケボーと同様、Vapeの本体には色々なパーツがあり、自分好みにそれぞれカスタマイズできます。

こんなヴィンテージ感あふれる本体にもできるみたいです。

 

View this post on Instagram

 

Ironically one of the most heavily cloned devices ever made..this one however is real… #vapinghistory #retrovape #vape #vaped #vaping #vaper #vapelifestyle #vapenation #vapeworld #vapeart #vapeology #vapfamily #vapefeed #vapepics #vapedaily #vapeporn #vapelove #vapefamous #alldayvape #vape4you #vapesociety #vapefam #vapestore #vapesafe #vapehooligans #vapelyfe #vapes

Clark Gardnerさん(@clarkgardner)がシェアした投稿 –

 

見た目だけでなく、煙の量を増やしたり味をもっと楽しめるようなカスタマイズも可能。

カスマイズしていったら、本体にも愛着がかなりわきそうですよね。

パーツをカスタマイズして自分好みに仕上げるところは、スケボーとの共通点を感じます。

スケーターにはカスマイズ好きが多いので、Vapeにもハマる人は多そうです。

Vapeの本体を見てみる

Vapeを使ってわかった2つの微妙なところ

VapeのイメージVapeを使っていくうちにわかったのが、

  • メンテナンスの手間がかかる
  • タバコだと思って吸うと、物足りなさを感じる

ということ。

メンテナンスの手間がかかる

Vapeは結構頻繁にメンテンナンスが必要で、「コイル」を2週間〜1ヶ月に1回変えなければいけません。

リキッドを加熱する度にコイルが消耗していくようです。

私は結構めんどくさがりで、スケボーのベアリングのメンテも嫌なので、Vapeのメンテもかなり面倒。

ただ、今回ご提供いただいた、TARLESSスターターキットに入っていた本体はコイルではなくリキッドのカートリッジ自体を交換するので、かなり楽でした。

メンテナンスが面倒な人やこれから始める人には、TARLESSスターターキットをオススメします。

TARLESSスターターキットの詳細はこちら

タバコだと思って吸うと、物足りなさを感じる

Vapeはタバコ味を吸っても、タバコ感は全くないです。

タールやニコチンが含まれていないため当たり前ですが。。

そのため、禁煙効果はないと個人的には思います。

ただ、2本目のタバコをVapeにすることで減煙効果はありそう。

もしかしたら、ニコチンやタールを含まれている海外製のリキッドを吸えば満足感を得られるのかもしれませんが、試していないのでなんとも言えないところ。

Vapeを始めるには、何を買えばいいの?

TARLESSの本体Vapeは本体とリキッドさえあれば、すぐに吸い始められます。

本体の相場は、3,000円〜10,000円程度。

値段が高い本体だと、加熱する温度を調整して煙や味を変えられる機能がついています。

また、香りがより楽しめるように設計されている本体もありました。

リキッドの相場は、1,000円前後。

1本買えば、毎日頻繁に吸っても1ヶ月は持つと思います。

オススメはスターターキット

本体もリキッドも本当に種類が多いため、何から購入するか迷うと思います。

そのため、まずは個人的にはスターターキットの購入をオススメします。

スターターキットをスケボーで例えると、コンプリートみたいなイメージ。

スターターキットを買えばすぐに吸い始められます。

スターターキットにもいくつか種類がありますが、TARLESSスターターキットがオススメです。

理由はこの3つです。

  • 私自身が試して、何も知らなくてもスムーズに使えた
  • メンテが楽
  • 煙の量も調整できる

TARLESSスターターキットの詳細はこちら

ただ、ついてるリキッドの味と香りはあまり美味しくなかったので、リキッドは自分が気になった商品を追加で買った方がいいと思います 笑

ご紹介するショップないのリキッドであれば、どのリキッドでもスターターキットの本体で吸えるので、気になった味を購入して大丈夫です。

719種類のリキッドを見る

興味があったら手を出してもいいかも

結構長い記事になってしまいましたが、2〜3週間試した感想をまとめると

  • 色々な味や香りのリキッドがあって楽しい
  • 家でタバコ代わりに手軽に吸える
  • メンテは面倒

という感じ。

スターターキットの値段はそこまで高くないので、興味があったら手を出してもいいと思います。

スケボーのメンテが好きだったり、セッティングを考えるのが好きな人はVapeもハマる気がします。

Vapeもトリックがあるので、雨の日にできる手軽な趣味としてもオススメです。

どんなリキッドがあるか見るだけでも楽しいと思うので、興味がある方はVapeの専門ショップベプログを覗いてみてくださいね。

Vape専門ショップベプログはこちら

スケーターによるスケーターのためのブランド「Marry」

CTA-IMAGE これまでこの「MarryMag」を通して、みなさんのスケートライフを応援してきた「Marry」がオリジナルアパレルを販売。 「Marry」が販売するオリジナルアパレルや作品は、Marryと関わりあるスケーターが作ったもの。 どれも各スケーターがこだわりを持って作った作品です。

商品レビューカテゴリの最新記事