1. HOME
  2. コラム
  3. スケートパークで開催!西東京発のDIYパンクフェス「TAMASONIC」!
コラム

スケートパークで開催!西東京発のDIYパンクフェス「TAMASONIC」!

コラム

この記事では、いつもとテンションが変わって、11月1日(日)に開催される西東京発のDIYフェス「TAMASONIC」通称タマソニをご紹介。

DIYを貫くタマソニのアティチュードは、スケーターに通ずるものがあるはずです!

TAMASONIC 2020 開催!

2011年から毎年開催されているタマソニが、今年も開催されます。
場所は去年に引き続き、東所沢の室内スケートパーク「SKiP FACTORY」!

スケーター歓喜の会場ですね(笑)。
「スケボー×バンドサウンド」、90’Sカルチャーを愛しTAMASONIC主宰であるAIさんのバックボーンと、カルチャーへの強い想いが感じられます。

そもそもコチラのTAMASONICは、VANS主催のエクストリームスポーツ×ラウドミュージックの祭典「VANS Warped Tour」からインスピレーションを受けているので、なおさらスケーターの皆さんにはチェックしてほしい。

去年からスケートパークでの開催が実現し、よりストリートカルチャーの濃度を感じられるイベントとなっております。

当日はスケボーでパーク内を滑るのもOK。
生のパンクサウンドを浴びながらの滑走は、何にも変えられないくらい気持ち良いものです!

コロナの渦中で、今まで通りのフェスの楽しみ方が難しくなっている今日ですが、全国のタマソニファンの声に応えてくれたタマソニ。

万全のコロナ対策を考慮した上での開催となり、これまでのライブに比べたら、そりゃー規制はありますが、今年注目すべきはコチラのコンテンツ。

インスタLIVEでの生配信が決定!

そうです、現場に行けなくても参加が可能!
ライブキッズの方々はそれはそれは現場主義なスタンスでしょうが、「今年は仕方ない!」と割り切って、スマフォで楽しむのもアリではないでしょうか。

逆を言えば、スマフォ画面越しにタマソニを楽しめるのは、今年が最初で最後になるかもしれませんしね(笑)。
ある意味で貴重な体験になるかもしれません。

インスタLIVEにつきまして、TAMASONICのアカウントからの配信となりますが、当日は鍵アカウントとしての配信となるようですので、今のうちにフォローしておきましょう。

TAMASONICアカウント、フォローはコチラから!

TAMASONICってどんなフェス?

そもそもタマソニってどんなフェスなの?って方向けに説明いたしますね。

TAMASONICとは、メロディックパンクやハードコアを基調とした音楽フェスです!
タマソニの「タマ」は、地名の「多摩」から来てます。

今回の開催は埼玉のスケートパークですが、発祥の地は多摩市の「多摩センター三角広場」でした。

少数精鋭なスタッフ陣からなるTAMASONIC。
企画から運営まで、制作会社などを一切頼らず、完全なDIYなカタチで2011年から開催されてきました。

そういった“手づくり感”(かなりのクオリティですが…)から、こういったカルチャーに身を置くヒトたちのあたたかさをビシビシと感じ、音楽好きやストリートカルチャー好き、スケーターたちを魅了しているのだと思います。

TAMASONICの歴史をチラ見せ

「どんなバンドが出てたの?」「どんな雰囲気なの?」気になりますよね。
過去のフライヤーと、現場の写真をいただいたので、チラッとご紹介させていただきます!

かなりチラッとではありますが、雰囲気伝わりますでしょうか。

結構カオスです(笑)。
多摩を飛び出し、横須賀三笠公園で開催したこともありました。

毎回かなり熱狂的な盛り上がりを見せています!

TAMASONIC 2020の詳細

【TAMASONIC2020 thanksgiving】
日時:11/1(日)
場所:東所沢skip factory (埼玉県所沢市新郷220)
時間:Open 11:00 / Start 12:00
チケット:当日券のみ ¥4000
※人数制限のため“これまでのTAMASONIC Tシャツ着用”が条件

チケットに関しまして、今年はこんなご時世なので条件が有るのでご注意を。
これまでのサポーターに対しての“感謝の気持ち”を込めての今年の開催になりますので、これまでのタマソニで販売された「タマソニTシャツ」の着用が条件となります。

持ってないよ…って方、今回は我慢!
でも諦めないで!そんな人たちも楽しめるようにインスタLIVEがあるのです!

おそらくこういった制限や対策が、今できることの最善かと思います。
スタッフの方々も試行錯誤しての判断だったはず。

こういう状況下で楽しみを与えてくれることに、最大のリスペクトを皆で贈りたいし、贈るべきだと思います。

コロナが収束した後、完全なカタチでのタマソニでまた楽しみを届けてくれると思うので、それまで辛抱しましょう!

その他、皆が安全に楽しめるようガイドラインがございますので、そちらも必ずチェックお願いいたします。

最後に

TAMASONICを知ってる人も知らなかった人も、行くって人も行けないって人も、皆でこういった“カルチャーへの愛があるイベント”を支持して欲しいなと、個人的に思っております。

誰かがこういったイベント開催のアクションを起こしてるからこそ、我々は受け手として楽しめる訳であり、だからこそ我々は「楽しかった!」だけで終わらすべきではないと思っています。

やはりイベントを継続させるためには、それなりの支援は絶対的に必要であり、それはお金の話でもあるし、気持ちの話でもあります。

TAMASONICに限った話ではなく、それはスケートパークもそう。
好きな音楽を届けてくれるアーティストだってそう。
地元でお世話になってるスケートショップや、チルな時間を提供してくれるお気に入りのカフェだってそうです。

「自分たちの好きな場所は自分たちで守る」

そういったマインドをタマソニでは感じられますし、“ファンも参加して一緒に作り上げている”という実感が出来ます。

スケート、ストリート、音楽。

皆さんも好きなモノはたくさんあると思いますが、こういったフェスや、その周辺のヒトたちのアクションから「居場所を自分で作る」というマインドを育んでいただければ幸いです。

行ける人はぜひTAMASONIC会場へ。
色んな理由で難しい方は、インスタLIVEを覗いてみてください!

■TAMASONIC instagramはコチラ

■TAMASONIC Twitterはコチラ