STEFANJANOSKI SLIPONモデルの耐久性は他のスケシューの2倍!?

STEFANJANOSKI SLIPONモデルの耐久性は他のスケシューの2倍!?

今回の記事はオススメのスケシュー、NIKESBのSTEFAN JANOSKI SLIP ON(ステファン・ジャノスキー スリッポン)をご紹介します。

nikes stefan janoski slipon

このスケシューは、Nikesbから発売しているstefanjanoski(ステファン・ジャノスキー スリッポン)というモデルをスリッポンにしたものです。

スリッポンではないジャノスキはこんな感じ。

ジャノスキ

stefan janosk(ステファン・ジャノスキー)は、habitatのプロスケーターstefan janoskiがNikeSBから出してるシグネチャーモデルで、非常に人気が高いモデルです。

一時期はパークにいる5割近くのスケーターがジャノスキーを履いていたぐらいですし、最近ではスケーター以外が履いていることも増えてきました。

スケーターの人気は少し落ち着いてきたのですが、それでもパークにいったら1人は履いてる人を見ます。

そこまで人気になった理由は、この4つだと思います。

  • 見た目がかっこいい
  • 使いやすい
  • 耐久性が高い
  • 人気の高いプロスケーターが履いてる

そのクオリティの高さから、私もスリッポンモデルではない、元々のモデルのジャノスキーを何度も履きました。

ただ、ジャノスキのスリッポンモデルはまだ履いてことがなかったので、1ヶ月前に購入し、試してみました。

1ヶ月履けば、大体どんなスケシューでも使い心地はわかってくるので、今回はジャノスキのスリッポンを一ヶ月使用した感想をお伝えします。

耐久性が抜群にいい

今まで履いてきた中で最も耐久性が高いといっても過言ではないスケシューです。

私は大抵三週間ぐらいで一足ダメにしてしまうのですが、ジャノスキのスリッポンは一ヶ月履いてもまだまだ履けそうな状態です。

三週間ぐらい履くとソールに穴が空くか、シューグーで補修しきれないぐらい、アッパーにダメージが蓄積されてます。

ただ、このジャノスキは今でもソールもアッパーもピンピンしています。

1ヶ月経ってもシューグーで補修すればアッパーはまだまだいけそう
ステファンジャノスキ

ソールも溝が少し薄くなっただけで、まだまだいけそうです。

ステファンジャノスキ

スリッポンモデルでさらに耐久性が向上?

ジャノスキは元々のモデルも耐久性が高かったのですが、それをしっかり引き継いでいます。

むしろスリッポンモデルの方が耐久性高くなった気もしています。

それはアッパーのつなぎ目が少ないことが理由だと思います。

つなぎ目が多いとそのつなぎ目がダメになって、シューグーで補修しきれなくなるのですが、ジャノスキのスリッポンはつなぎ目がかなり少ないので、そういったこともありません。

スリッポンではないジャノスキは、アッパーのつなぎ目がダメになって変えたことが何度もあります。

ちなみに私の好きなvansproのsliponは三週間で逝くので、ステファンジャノスキは約2倍長持ちです。

お財布にも環境にもエコですね 笑

スリッポン特有の長く履くとゆるくなる現象は起きる?

スリッポンでよくありがちな、長く履き続けると緩くなってくる現象もまだ起きていません。

大抵のスリッポンは長く履くと靴紐がないため、かなりゆるくなり、最後の方にはカポカポになってしまいます。

ただ、ジャノスキのスリッポンは1ヶ月ハードに使ってもゆるくならないので、その点はあまり心配いらなさそうです。

紐がきれない

これはジャノスキというより、スリッポンのいいところなのですが、靴紐が切れないのはかなり大きいです。

人にもよりますが、靴紐は切れる人は本当に切れます。

私も靴によっては一週間に一回靴紐変えたりしてました。。
なので、この手間がないのは非常に大きいです。

とにかく履きやすい

靴によっては慣らさないとスケボーで使えなかったりするのですが、ジャノスキスリッポンは慣らしなしでいけます。

また、スエードの食いつきもソールのグリップ感もちょうどいいぐらい。

周りでもジャノスキが合わないという人は聞いたことないです。

ただ、品薄状態で手に入りづらい

製品自体の悪い点ではないのですが、もう生産していないのか、ネットで販売してるところがかなり少なくなってきており、サイズ次第ではどこも売り切れになっています。

そのため、価格も若干高めです。

ただ、多少入手しづらくても、価格が高くても品質は確かですし、耐久性も高いので、スケシューを買い換える時期が延びると思えばコスパは良いと思います。

また、この記事の冒頭でもお伝えしたとおり、元々のモデルは非常に人気なのですが、スリッポンモデルはあまり履いてる人を見かけません。

なので、ジャノスキを履きたいけど、人とかぶるのが嫌!という方はぜひスリッポンに挑戦してみてください。

スリッポンと普通のジャノスキの違い

ジャノスキ愛用者も多いので、この記事を見ている方の中には、普通のジャノスキとスリッポンとはどう違うのか気になる方が多いと思います。

ただ、正直性能や履き心地については、ほぼ同じ。

スリッポンの方が耐久性が少し高いぐらいです。

  • 見た目がスリッポンの方が好き
  • 次もジャノスキがいいけど、飽きたからちょっと印象を変えたい

という方はスリッポンを試してみてもいいと思います。

スリッポンも普通のジャノスキもどちらも履き心地・性能・耐久性どの面から見ても、いいスケシューなので、履いたことがない方はぜひ試してみてくださいね。

▼stefan janoskiのスリッポンはこちら

▼スリッポンではないstefan janoskiはこちら

STEFAN JANOSKI SLIP ON(ステファン・ジャノスキー スリッポン)以外のオススメのスケシューは、こちらの記事で紹介しています。

スケシューを100足以上履き潰したスケーターがオススメする7足のスケシュー

商品レビューカテゴリの最新記事