【高性能・安定感抜群のウィール】スケボー初心者にもおすすめのスピットファイアのFORMULAFOUR

【高性能・安定感抜群のウィール】スケボー初心者にもおすすめのスピットファイアのFORMULAFOUR

今回はスケボー初心者にこそ使ってほしい、スピットファイアのウィール「FORMULAFOUR」のご紹介。

この記事では、

  • FORMULAFOURをスケボー初心者におすすめする理由
  • FORMULAFOURの中でも、スケボー初心者に合ったウィール

をお伝えします。

「FORMULAFOUR」は私自身も何度も使っており、このウィールの良さは自信を持っておすすめできます。

先にスケボー初心者におすすめしたいFORMULAFOURのウィールをご紹介すると、「CONICAL FULL SHAPE」の99Dです。

スピットファイアの「FORMULAFOUR」を初心者におすすめする理由

まずは私がスケボー初心者の方に、スピットファイアの「FORMULAFOUR」をおすすめする理由からお伝えしていきます。

おすすめしたい一番大きな理由は、「性能の高さ」

スピットファイアの「FORMULAFOUR」は、他社のウィールと比べると断トツで性能が高いんです。

特に耐久性の高さと滑り心地のスムーズさは、他社のウィールと全く違います。

私も初めて使った時は感動したほど性能が違います。

スケボー初心者におすすめしたい、もう1つの理由は「スケボー歴がある程度長い人は使っている」からです。

私がよく出会うスケーターが使っているウィールは、

  • スピットファイアの「FORMULAFOUR」
  • BonesのSTF

のどちらかを使っている方が圧倒的に多いです。

また、その2つの中でもスピットファイアの「FORMULAFOUR」がさらに多くなります。

今は違うウィールを使っていても、スピットファイアの「FORMULAFOUR」を使った経験がある方も非常に多いです。

ただ、スケボー初心者の方には、まだスピットファイアの「FORMULAFOUR」を試したことがなかったり、存在を知らない方が多いからこそ、今回の記事を書きました。

最高の乗り心地・性能を誇るスピットファイアの「FORMULAFOUR」

spitfireのFourmulaFourスピットファイアは高品質のウレタンを使い、長年に渡って製造・販売しています。

スピットファイアには数多くのラインナップがありますが、その中でも最高品質のウレタンを使ったフラッグシップモデル(最も品質が高いモデル)が「FORMULAFOUR」です。

「FORMULAFOUR」はスケーターがウィールに求める、スピード・耐久性・パンクしにくさ・スライドしやすさの全てにおいてトップクラス。

他社のウイールとの性能は、滑れば一目瞭然でわかるほどです。

スピットファイアやスケートショップの評価だけでなく、実際に使ったスケーターの評判も非常に高いところも特徴的。

「FORMULAFOUR」には

  • 硬さが2種類
  • シェイプ(ウィールの形)が6種類

が用意されており、スケーターの好みやスタイルに合わせたウィールが選べます。

硬さは下記の2種類です。

  • 99DURO:スライドを調節しやすく、グリップが効きやすいので硬い路面でも安定感がある
  • 101DURO:グリップが弱く硬い路面だと少し不安定だが、少ない力でスライドできる。また、コンクリートパークでスピートが出しやすい

シェイプは下記の6種類。

  • CLASSIC SHAPE:綺麗な路面向きの軽いシェイプで、粗い路面には不向き
  • CONICAL SHAPE:接地面が広くグリップも効きやすいシェイプで、コントロールしやすい
  • CONICAL FULL SHAPE:CONICAL SHAPEよりもさらに接地面が広く、安定感がある
  • RADIAL SHAPE:接地面が広く、角がないためパンクしにくい
  • RADIAL SLIM SHAPE:最も軽いシェイプ。幅は狭く接地面は広く、スムーズな乗り心地
  • LOCK-INS SHAPE:接地面が最も広く、グリップも効きやすい。最も安定感あるシェイプ

スケボー初心者にはCONICAL FULL SHAPE 99Dがおすすめ

多様なスケーターの好みやスタイルに合わせて、硬さやシェイプが豊富に用意されていますが、最初はどれがいいかわからないですよね。

「FORMULAFOUR」の中でも、私がスケボー初心者におすすめしたいのは、「CONICAL FULL SHAPE」の「99D」です。

CONICAL FULL SHAPEは接地面が広くグリップが効きやすいので、スケボー初心者でもコントロールしやすく安定感があって乗りやすいと思います。

また、「LOCK-INS SHAPE」ほど重くなく、ウィールの重さもちょうど良いと感じるはずです

ウィールの硬さも「硬すぎず、柔らかすぎず」ちょうど良い硬さで、滑りやすい路面でもグリップが効くし、ある程度粗い路面でも安定して滑れます。

スケボー初心者で「FORMULAFOUR」を試したことがない方は、ぜひ「CONICAL FULL SHAPE」の「99D」を試してみてください。

試さないと損!断トツで質が高いスピットファイアの「FORMULAFOUR」

ここまでご紹介してきたとおり、「FORMULAFOUR」は本当に質が高いウィールなんです。

試したことがない方は、損をしていると思えるほど。

スケボー初心者の方で、ウィールの選び方から知りたい方はこちらの記事も合わせてどうぞ。

【スケボー初心者向け】ウィールの選び方と人気のウィールブランドのご紹介

スケーターによるスケーターのためのブランド「Marry」

CTA-IMAGE これまでこの「MarryMag」を通して、みなさんのスケートライフを応援してきた「Marry」がオリジナルアパレルを販売。 「Marry」が販売するオリジナルアパレルや作品は、Marryと関わりあるスケーターが作ったもの。 どれも各スケーターがこだわりを持って作った作品です。

コラムカテゴリの最新記事