目的別におすすめのソフトウィールと選び方をまとめてみた

目的別におすすめのソフトウィールと選び方をまとめてみた

この記事ではソフトウィール選びに迷っている方向けに、

  • おすすめのソフトウィール
  • ソフトウィールの選び方

を目的別にご紹介していきます。

ソフトウィール(クルーザーウィール)とは

oj wheels

スケボーにあまり詳しくない方向けに、まずはソフトウィールについて詳しく解説していきます。

ソフトウィールとは、その名のとおり柔らかいウィールのことです。

クルージング(街乗り)用のウィールとして使われることが多いため、クルーザーウィールとも呼ばれます。

ウィールの硬さは「〇〇A」と表記されることが多いのですが、ソフトウィールは80aぐらいの硬さが一般的です。

トリック向けのウィールとして使われることが多いハードウィールは、99a〜103aが一般的。

ハードウィールでおすすめのウィールはこちらの記事でご紹介しています。

【スケボー歴10年のスケーターが厳選】おすすめのウィール3選

ソフトウィールの特徴

先ほどもお伝えしましたが、ソフトウィールはクルージング(街乗り)に特化したウィールです。

サイズが大きく柔らかいため、スピードが出しやすく落ちにくいので、多少路面が悪くても快適にプッシュできます。

ただ、オーリーやレッジトリックには向いていないウィールが多いです。

ソフトウィールを使う2つの目的

ソフトウィールが気になっている方や使っている方の目的は、この2つのどちらかだと思います。

  • 悪い路面でもスピードを出して快適に滑れる足回りでガッツリクルージングしたい
  • ある程度悪い路面でも快適に滑りたいけど、トリックもやりたい

今回はこの2つの目的ごとに、オススメのソフトウィールと選び方をご紹介します。

「細かいことはいいから早くオススメのソフトウィールを知りたい」という方のために、先にオススメのウィールをご紹介しておきます。

ガッツリクルージングしたい方にオススメのウィールは、「OJ wheels 56mm 87a」

トリックもある程度やりたい方にオススメのウィールは、「BONES WHEEL(ボーンズ ウィール)ATF 52mm」です。

ガッツリクルージングしたい方にオススメのソフトウィール

クルージングのイメージガッツリクルージングしたい方には、サイズが大きく幅が広いウィールで、できるだけ柔らかいウィールを選ぶのがオススメです。

具体的には、下記3つの条件を満たすウィールを選びましょう。

  • サイズ:56mm以上
  • 硬さ:87a以下
  • 幅:広め

スケボーに乗り慣れていて、スピードを重視したい方には60mm以上がオススメ。

60mm以上のサイズのソフトウィールなら、ママチャリよりも軽くスピード出ます。

ただ、スケボーに乗り慣れていた方はスピードがコントロールできないので、56mmのサイズがオススメです。

ここまでをふまえて、私がオススメしたいソフトウィールは「Oj Wheels(オージェイ ウィールズ)」の56mm・87aです。

ソフトウィールとしては小さめのサイズで硬めですが、それでも充分なほどスピードが出て落ちにくいです。

グリップもしっかり効くので、スピードを出しても安心。

ソフトウィール入門編としてもピッタリなウィールだと思います。

「Oj Wheels(オージェイ ウィールズ)」について簡単にご紹介しておくと、1976年からウィールを生産・販売している老舗ブランドです。

「Oj Wheels(オージェイ ウィールズ)」はソフトウィールをメインに展開している珍しいブランドです。

ソフトウィールがメインなだけあって、「Oj Wheels(オージェイ ウィールズ)」のソフトウィールのクオリティはかなり高いです。

私もソフトウィールをいくつか乗ってきましたが、その中でも「Oj Wheels(オージェイ ウィールズ)」がダントツで質が良いと感じています。

トリックもある程度やりたい方にオススメのソフトウィール

スケボーのトリックプッシュを楽にしたいけど、トリックもやりたいという方にオススメのソフトウィールは、サイズが小さく柔らかいソフトウィールです。

具体的には、下記3つの条件を満たすウィールを選びましょう。

  • サイズ:52mm
  • 硬さ:87a以下
  • 幅:広め

ただ、ソフトウィールで52mmって、かなり珍しいサイズなんです。

ソフトウィールはクルージング(街乗り)を目的として作られるため、スピードが出しやすいように大きめのサイズで作られます。

そのため、ソフトウィールは54mm以上のサイズが一般的です。

54mm以上になると、トラックの高さがHiでもライザーパットを入れないと、ウィールバイトしてしまいます。

ソフトウィールでウィールバイトすると、とんでもない勢いでブレーキがかかるので、注意してください。

また、トラックの高さを高くしすぎると、トリックがやりづらくなります。

だからこそ、トリックもやりたい方には珍しい52mmのソフトウィールをオススメしています。

具体的には、BONES WHEEL(ボーンズ ウィール)ATFがオススメ。

52mmとトリックにも適しているサイズの上、柔らかさもほどほどでトリックもある程度やりやすいソフトウィール。

BONES WHEEL(ボーンズ ウィール)はパンクしないタフなハードウィールが有名ですが、ソフトウィールも同じぐらい質が高いんです。

ソフトウィール選びで迷ったら、この2つがオススメ

スケボーのイメージソフトウィール選びで迷ったら、まずはどうやって使いたいのかイメージしてみましょう。

ガッツリクルージングしたいのか、トリックもやりたいのか

もしガッツリクルージングしたいなら、「Oj Wheels(オージェイ ウィールズ)」の56mm・87a

トリックもやりたいなら、BONES WHEEL(ボーンズ ウィール)ATFの52mm

をそれぞれ選べば、間違いないと思います。

ソフトウィールに限らず、スケボーのパーツは合う合わないもあるので、迷っている方はまずオススメのウィールを使ってから自分好みのソフトウィールを探していきましょう。

トリック向けのハードウィールの選び方やオススメウィールはこちらの記事でまとめているので、良かったらこちらの記事もどうぞ。

【スケボー初心者向け】ウィールの選び方と人気のウィールブランドのご紹介

スケーターによるスケーターのためのブランド「Marry」

CTA-IMAGE これまでこの「MarryMag」を通して、みなさんのスケートライフを応援してきた「Marry」がオリジナルアパレルを販売。 「Marry」が販売するオリジナルアパレルや作品は、Marryと関わりあるスケーターが作ったもの。 どれも各スケーターがこだわりを持って作った作品です。

パーツの選び方カテゴリの最新記事