sml.wheels(スモ-ルウィール)は路面の感触をダイレクトに感じられる良ウィール

sml.wheels(スモ-ルウィール)は路面の感触をダイレクトに感じられる良ウィール

今回は私が好きなウィールブランド「sml.wheels(スモ-ルウィール)」をご紹介。

「sml.wheels(スモ-ルウィール)」のウィールを半年以上使い続けた使用感も合わせてお伝えいたします。

  • sml.wheels(スモ-ルウィール)が気になってる
  • ウィールの買い替えを検討してる

という方はぜひ参考にしてくださいね。

sml.wheels(スモ-ルウィール)ってどんなブランド?

sml.wheels(スモールウィール)sml.wheels(スモ-ルウィール)は、「Blind(ブラインド)」に所属しているプロスケーターJames Craig(ジェームス・クレッグ)が2009年に設立したウィールブランドです。

sml.wheelsと書いて、スモ-ルウィールと読みます。

スモールをsmlと略すところが、アメリカ的でオシャレ。

sml.wheels(スモ-ルウィール)のコンセプトは、「シンプルかつ高品質なプロダクト作り」

最高品質のウレタンを使用したシンプルなウィールを作っています。

sml.wheels(スモ-ルウィール)のウィールは、基本的に細くて硬め。

所属しているライダーは、以下のとおり。

Austyn Gillette, Aaron Herrington, Mark Suciu,  Mike Arnold,Max Geronzi,
Youness Amrani, Chris Jones,Justin Drysen..

渋めでかっこいいライダーばかりですね。

このライダー陣を見ただけで、使いたくなります。

また、ウィールのデザインもかなりオシャレ。見た目とライダーだけでもかなり惹かれます。

路面の感触をダイレクトに感じるアナログなウィール:sml.wheels(スモ-ルウィール)

sml.wheels(スモールウィール)私も半年近くはsml.wheels(スモ-ルウィール)を使ってみました。

私のセットアップを紹介するこちらの記事でも、sml.wheels(スモ-ルウィール)のことを紹介しています。

【スケボー歴約10年】Marrymag運営者Ninoのセットアップ紹介

sml.wheels(スモ-ルウィール)の一番の特徴は、路面の感触をダイレクトに感じられること。

スピットファイヤーのFourmulafourやBonesSTFなど、最近のハイテクウィールはとてもなめらかで、路面の感触をあまり感じられないですよね。

最近のウィールの傾向と逆を行くところが、スケーター的なブランド。

もちろん、「路面の感触が伝わる=乗り心地が悪い」わけではありません。

sml.wheels(スモ-ルウィール)は細くて硬いのに、しっかりグリップが効きます。

また、グリップが効くのに加えてスライドやパワースライドはやりやすく、コントロールしやすいウィールと言えます。

個人的にはコントロールしやすさはSpitfireのFourmulaFourよりも上。

ただ、消耗は早いです。

SpitfireのFourmulaFourと比べると、耐久力はかなり落ちます。

ハイテクウィールに飽きた人にオススメ

sml.wheels(スモ-ルウィール)は、品質もライダーも乗り心地も良いのにまだまだ知られていないブランド。

日本での取り扱いも少なく、手に入りづらいウィールです。

だからこそ、

  • 人と違うウィールを使いたい
  • ハイテクウィールに飽きた
  • 路面の感触をダイレクトに感じたい

という方には、sml.wheels(スモ-ルウィール)をぜひ試していただきたいです。

【スケボー初心者向け】ウィールの選び方と人気のウィールブランドのご紹介

スケーターによるスケーターのためのブランド「Marry」

CTA-IMAGE これまでこの「MarryMag」を通して、みなさんのスケートライフを応援してきた「Marry」がオリジナルアパレルを販売。 「Marry」が販売するオリジナルアパレルや作品は、Marryと関わりあるスケーターが作ったもの。 どれも各スケーターがこだわりを持って作った作品です。

商品レビューカテゴリの最新記事