スケボーして疲れたら試してほしい!疲労回復を早める4つの方法

スケボーして疲れたら試してほしい!疲労回復を早める4つの方法

「今日もがっつりスケボーしたけど、明日ももっと滑りたい!」と思っても、なかなか身体がついてこないというスケーターは少なくないと思います。

今日上手くいかなかったことを明日リベンジしたかったり、明日は新しいトリックを練習したかったり、滑る時間と体力はどれだけあっても足りませんよね。

ただ、年齢を重ねるとスケボー以外の疲れがあったり、スケボーした翌日の身体が重かったりと、気持ちに身体がついてこれないことが多いと思います。

20代後半の私も、10代後半や20代前半と比べると疲れを感じやすくなってきました。

ただ、滑る前後にちゃんとケアすると、疲労を軽減したり疲労回復を早められます。

自分の身体のコンディションを整える意識を高くしてからは、20代前半より確実に滑れる時間が長くなったほどです。

今回は私が実践している疲労回復の方法をご紹介していきます。

少しでも滑る時間を長くしたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそも疲労ってどういう状態?

疲労のイメージ実は一言で疲労といっても、色々な種類の疲労があります。

  • 精神的な疲労を指す「精神疲労」
  • 脳が長時間緊張することで、調整機能が充分に機能しなくなる「中枢性疲労」

など、色々な疲労がありますが、スケボーした後の疲労は「抹消疲労」と呼ばれる種類の疲労です。

「抹消疲労」とは、脳以外(抹消)が原因となる疲労のことで、筋肉疲労も含まれます。

では、筋肉疲労のメカニズムとは、どのようなものなのでしょうか。

筋肉疲労のメカニズム

筋肉疲労の場合、具体的には下記3つの状態になっています。

  • 使っている筋肉に必要な栄養素がなくなる
  • 疲労物質が溜まる
  • 筋肉が損傷する

ここでは筋肉が損傷して起きる筋肉痛も、肉体疲労の一種と考えて話を進めます。

疲労回復を早めるための方法

筋肉疲労のメカニズムをふまえると、疲労回復を早めるためにはこの2つが重要です。

  • 栄養素を摂る
  • 血行を良くする

栄養素を摂るのは当たり前ですが、血行を良くした方がいいのはなぜでしょうか。

それは、血液には栄養素を運び、疲労物資を除去する働きがあるからです。

もう少し具体的に疲労回復を早める方法をお伝えすると、この4つです。

  • ヨガ・ストレッチ
  • 交代浴(お湯と氷水で交代に入って血流を良くする)
  • 睡眠を充分に取る
  • 疲労回復してくれる栄養素を摂ろう

ヨガ・ストレッチで筋肉をほぐして血行を良くしよう

ヨガ筋肉をたくさん使うと疲労物資が溜まり、筋肉が凝った状態になってしまいます。

筋肉が凝った状態だと血行が悪く、血液が充分に流れなくなります。

ヨガやストレッチは筋肉をほぐす効果があるため、使った筋肉の血行を良くして疲労回復を促進してくれます。

面倒だと思いますが、ストレッチは手軽にできる疲労回復を早める方法なので、ぜひ取り入れてください。

私も滑った後は必ずストレッチをしています。

ストレッチはストレッチポールを使うと、より効果的です。

また、週に1回ヨガをして全身の筋肉をほぐすようにしています。

ヨガをすることで腰や下半身の筋肉が凝り固まっているのがわかるので、滑った後はさらにその部位を重点的にストレッチしてます。

交代浴で血行を良くしよう

入浴イメージお湯と氷水に順番に入ることを交代浴といいます。

交代浴を行うことで血行が良くなる効果が期待できます。

ただ、自宅ではなかなか実現しにくいですよね。

そのため、氷水をバケツに入れてお風呂場に持っていき、足だけ交代浴を行う方法がオススメ。

と言ってる私もそこまではしておらず、疲れが溜まったと思った時にスーパー銭湯に行き、水風呂と普通のお風呂を交代で入るようにしている程度です。

ただ、交代浴はかなり効果的で、翌日の疲れ具合がかなり軽くなります。

「疲れが溜まってきたなー」とか「明日は絶対に良い状態で滑りたい」という方にオススメの方法です。

睡眠を充分に取る

睡眠のイメージ当たり前ではあるのですが、疲労回復には睡眠が最も効果的です。

深い睡眠を取ると、

  • 成長ホルモンが分泌されて疲労した身体を再生
  • 脳の細胞を修復・改善

してくれます。

とはいえ、社会人スケーターの皆さんは睡眠時間を確保するのって結構難しいですよね。

私はちょっとした空き時間での仮眠で、睡眠時間を確保するようにしています。

お昼休みや休日のちょっと空き時間で、15分〜30分仮眠するだけでも疲労回復の効果はあります。

皆さんも疲れたなーと思ったら、無理せずに短い時間でも仮眠を取ることをオススメします。

疲労回復してくれる栄養素を摂ろう

栄養が多い食事のイメージこれまでの疲労回復の方法は、主に血行を良くする効果があるものでした。

ただ、血行を良くするだけではなく、血液で運ばれる栄養も取ることもかなり重要です。

疲労回復してくれる栄養素は、この5つです。

  • ビタミンB1:糖質からエネルギーを生成してくれる
  • ビタミンB2:乳酸などの疲労原因物質を取り除く
  • カルシウム:精神的な疲労・ストレスを緩和してくれる
  • 鉄分:体内に酸素を運び、疲れにくくしてくれる
  • タンパク質:筋肉や爪、髪など身体を構成する要素の素になる

この5つの成分が多く入っている料理としては、「レバニラ」「生姜焼き」です。

また、ヨーグルトと柑橘系のフルーツも疲労回復に効果的。

とはいえ、栄養素を考えて食事するのって結構大変ですよね。

たまには意識できても毎日は意識できないと思います。

私も毎日は意識できないので、疲労回復に特化しているプロテイン「SAVASPRO RECOVERYPROTEIN」を愛用しています。

「SAVASPRO RECOVERYPROTEIN」の特徴は、この3つです。

  • 疲労回復に理想的な糖質とタンパク質のバランスが配合されている
  • 疲労回復を早めてくれるB1・B2・B6が入っている
  • 栄養吸収を助けてくれるアミノ酸が豊富に入っている

マジで疲れた時に「SAVASPRO RECOVERYPROTEIN」を飲むと飲まないのでは、翌日の疲労感が結構変わります。

ちょっと高めですが、手軽に疲労回復を早めたい方はぜひ試してみてください。

疲労回復には休息と栄養が一番大切

色々と試してみたましたが疲労回復には、

  • ストレッチして
  • お風呂に入って
  • 栄養ある物食べて
  • たくさん寝る

が疲労回復には大切でした。

全部当たり前のことですが、これって結構難しいですよね。

とはいえ、最低でもこの3つを試していただければ、翌日の疲労感は軽くなると思います。

  • ストレッチ
  • お風呂に入る
  • 疲労回復用プロテインを飲む

次の日に疲労を残したくないスケーターにオススメ!疲労回復を早めるプロテイン SAVASPRO RECOVERYPROTEIN(ザバス プロ リカバリープロテイン)

スケーターによるスケーターのためのブランド「Marry」

CTA-IMAGE これまでこの「MarryMag」を通して、みなさんのスケートライフを応援してきた「Marry」がオリジナルアパレルを販売。 「Marry」が販売するオリジナルアパレルや作品は、Marryと関わりあるスケーターが作ったもの。 どれも各スケーターがこだわりを持って作った作品です。

身体のケア・トレーニングカテゴリの最新記事