ショービットをメイクするための3つのコツ

ショービットをメイクするための3つのコツ

今回の記事では、ショービットをメイクする3のコツをお伝えします。

ショービットは基本的なトリックですが、板を半回転させて乗るのは、板に乗り慣れていない初心者の方にはかなり難しいですよね。

ただ、一度コツをつかんでしまえば、簡単にメイクできるようになるトリックなんです。

スケボー初心者の方は、今回ご紹介するショービットの3つのコツをふまえて、ぜひショービットに挑戦してくださいね。

  • 後ろ足は真横にスライドさせる
  • 板に乗りに行く時に肩を開かない
  • 怖がらずに乗りに行く

後ろ足は真横にスライドさせる

ショービットで最も重要なのは、後ろ足の使い方です。

後ろ足は、親指がテールの腹側にひっかかる位置におきます。

ひっかかる位置に置いたら、実際に親指でテールをつかめるか確かめてください。

そのスタンスのまま、背中側の真横に後ろ足をスライドさせましょう。

垂直方向に力をかけてしまうと板が裏返ってしまうので、後ろ足は地面と水平・真横にスライドさせるのがコツです。

しゃくるイメージだとどうしても縦方向に力が加わってしまうので、スライドさせるイメージの方がいいと思います。

ショービットしても板が裏返ってしまう人は、このコツを特に意識してくださいね。

乗りにいく時に肩を開かない

2つ目のコツは、回した板に乗りにいく時に肩を開かないことです。

板を早くキャッチするためにどうしても肩を開きたくなるものですが、グッと我慢してください。

肩を開くと板が半回転する前に板に乗ってしまったり、前足が板に乗らなかったりします。

そのため、乗りに行く時も肩を板と同じ角度で、開きすぎないようにしましょう。

怖がらずに乗りに行く

この2つのコツさえおさえれば、もう乗れるはずです。

あとは恐怖心との戦いになるのですが、これがなかなか手強いですよね。

ただ、こればかりはとにかく自信をつけて、思い切って乗りに行くしかないです。

乗りに行くときのコツとしては、

回すところまで、ではなく回った板に乗りに行く

つまり、メイクしたところまでイメージして乗りに行きましょう。

そうすれば、回った板に思わずキャッチしてまくられるということも、少なくなるはずです。

「どうしても怖くて乗りに行けない・・・」という方は「ショービットを安全かつ効率的に練習する方法」の記事で紹介している練習方法を試してみてください。

ショービットができれば、ポップショービットなど横回し系につながりますし、板に慣れたという自信もつくはずです。

スケボーは根拠がなくても、メイクできる!という自信があった方が、上達が早かったりするので、皆さんも自信を持って乗りにいきましょう!

ショービットのコツはこちらの動画でも解説してるので、合わせて参考にしてみてくださいね。

Howto記事カテゴリの最新記事