ショービットを初心者にオススメする3つの理由

ショービットを初心者にオススメする3つの理由

スケボーの基本的なトリックの1つ、ショービット。

ショービットを練習すると色々なメリットがあるので、プッシュに慣れてきたら、ぜひ挑戦してみましょう。

ショービットってどんなトリック?

ショービットは、板をあまり浮かさないまま、板を横軸に180度回転させるトリックです。

トリックのイメージがつかない人はこちらの動画をご覧ください。

 

ショービットをすすめる3つの理由

1)身につけると横回し系のトリックの上達が早くなる

ショービットは横回し系(板に横回転を入れるトリックのこと)の中で最も基本となるトリックです。
そのため、ショービットを早い段階から練習しておくと、ショービットの次の段階であるポップショービットをわりと簡単に習得できるようになると思います。
また、応用技である360flipでさえもショービットと通じるところはたくさんあります。
(画像は360flipです。)

treflip

横回し系トリックの体の向き、重心などをショービットで掴んでおくと、本当に応用が楽になるので、早めに練習しておくことを強くオススメします

2)オーリーの息抜きになる

ショービットをすすめられるということは、オーリーに挑戦している、あるいはオーリーに挑戦するぐらいのスキルを持っていると思います。

おそらくその人たちのオススメする大きな理由は、「オーリーばかりやっても飽きるだろうから、ショービットもやってみたら?」というものです。

つまり「息抜き」ですね。

ショービットはオーリーと感覚が違うので、かなり新鮮に感じると思います。

オーリーに飽きてきたら、ショービットの練習をする。ショービットに飽きたらオーリーの練習をする。

それぐらいでショービットの練習はちょうどいい気がします。

メインで練習するトリックというよりも、息抜きついでにサブで練習するトリックというイメージですね。

ただ、息抜きでも練習を続けていけばいつのまにか、きれいにメイクできるようになっているはずです。

3)簡単にできてカッコイイ

ショービットって簡単なわりに、うまくなるとかっこよく見えるトリックなんですよ。

トリックの合間とかに、ショービットをさらっと挟むと小慣れてる感じが出せます。

初心者が手っ取り早くスケーター感を出すためにうってつけのトリックだと思います 笑

てっとり早くスケーター感出したいならショービットがオススメ

 

  • プッシュとチクタクができて、ある程度板慣れしてきた
  • 早くスケーター感を出したい
  • オーリーに飽きた

という方はぜひショービットに挑戦してみてください。

ショービットのコツについてはこの記事で解説しているので、挑戦する前によかったらこちらもご覧ください。

ショービットをメイクするための3つのコツ

スケーターによるスケーターのためのブランド「Marry」

CTA-IMAGE これまでこの「MarryMag」を通して、みなさんのスケートライフを応援してきた「Marry」がオリジナルアパレルを販売。 「Marry」が販売するオリジナルアパレルや作品は、Marryと関わりあるスケーターが作ったもの。 どれも各スケーターがこだわりを持って作った作品です。

Howto記事カテゴリの最新記事