1. HOME
  2. コラム
  3. これでスケボーの撮影に失敗しない!360度カメラ「RICHO THETA」
コラム
360度カメラ「RICHO THETA」

これでスケボーの撮影に失敗しない!360度カメラ「RICHO THETA」

コラム

今回はご提供いただいた360度カメラ「RICHO THETA」で、スケボーを撮影して気がついた良かった点と気になった点をレビューしていきます。

「360度カメラって何?」という方向けに、360度カメラの機能やどんな写真・動画が撮れるかもご紹介。

360度カメラが気になっている方やスケボーを撮影するカメラを探しいる方は、最後までぜひご覧ください。

360度カメラ「RICHO THETA」とは

360度カメラ「RICHO THETA」

360度カメラ「RICHO THETA」とは、上下・水平どちらも360度撮影できる死角がないカメラです。

ポケットに入るぐらい小さく、ワンタッチで360度撮影ができるので、持ち運びもしやすさもグッド。

そんな「RICHO THETA」では、こんな写真や動画が撮影できます。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

360度のままだけでなく、好きな画角(範囲)で切り取った写真や動画にすることももちろん可能です。

360度カメラ「RICHO THETA」はこんなスケーターにオススメ

プッシュ

「360度撮影できるのはわかったけど、それってスケボーの撮影に向いてるの?」と思った方は多いかもしれません。

でも、360度カメラ「RICHO THETA」は

  • 撮影が不慣れ
  • サクッと滑ってるところを撮影したい
  • 自分で滑ってるところを一人で撮影したい

というスケーター向きのカメラです。

360度カメラ「RICHO THETA」を使ってわかった良いところ

では、ここからは具体的に360度カメラ「RICHO THETA」の良いところを3つ紹介していきます。

被写体や撮りたい場所が写っていない、という失敗をしない

上下・水平ともに360度撮影できるため、被写体(撮影する対象のスケーター)の近くでカメラを回していれば、被写体が写っていないことはありません。

そのため、スケボーの撮影でよくある
「せっかくトリックを成功したのに、スケーターが写っていなかったり、スケボーや足下が写っていなくて撮り直し」
という失敗をしにくいカメラです。

滑ってるところを自撮りできる

360度カメラ「RICHO THETA」と自撮り棒があれば、自分が滑っているところを手軽に撮影できます。

足下だけでなく、自分の全身を撮影できるのは360度カメラだけかもしれません。

そのため、撮影する人がいなくもて自分一人でスケボーの撮影が可能です。
自撮り棒を持って自分一人で撮影するハードルは高いので、そのハードルを超える必要はあります。。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

気軽に撮影できる

360度カメラ「RICHO THETA」は本体がかなり小さく、パンツのポケットに入ってしまうぐらいのサイズです。

また、ワンタッチで360度撮影が可能で、内蔵メモリーがあるため、
ポケットやリュックに入れておいて、撮影したい時にサッと撮り出して撮影
という使い方ができます。

急に撮影しよう!となるスケーターにはうってつけのカメラだと言えますね。

360度カメラ「RICHO THETA」を使ってわかった気になるところ

ここまで、360度カメラ「RICHO THETA」を使って良かったところをご紹介してきましたが、ここからはスケボーの撮影に使って気になったところをお伝えしていきます。

スマホじゃないと撮影した写真・動画が見れない

360度カメラ「RICHO THETA」には、写真・映像をプレビューできるディスプレイがついていないため、単体でサクッと撮影した写真・映像を見れません。

スマホに「RICHO THETA」のアプリを入れて、本体のカメラとスマホを連動させる必要があります。

アプリとスマホの連動が若干遅いこともあり、今さっき撮った写真・映像を見るまでにタイムラグがあり、少しストレスを感じます。

360度カメラ「RICHO THETA」ができること

ここまでMarrymagライターの主観的な感想をお伝えしてきました。
ここからは360度カメラ「RICHO THETA」の機能面についても、ご紹介していきます。

今回Marrymagで撮影に使ったカメラは「RICOH THETA Z1」です。
上記以外にも様々な種類のカメラがあり、機能とサイズは種類によって若干異なります。

RICOHの360度カメラ一覧はこちら

「RICHO THETA」でできることを簡単にお伝えすると、下記の通りです。

  • 撮影した写真・動画をスマホ・PCに転送できる
  • VR動画が撮影できる(撮影した動画はスマホのアプリで簡単に視聴可能)
  • 内蔵メモリーだから、SDカードなしで撮影できる

詳しいスペックについては、こちらをご覧ください。
「RICOH THETA Z1」のスペック

こんなスケーターに360度カメラ「RICHO THETA」はオススメ

360度カメラ「RICHO THETA」は

  • 撮影が不慣れ
  • サクッと滑ってるところを撮影したい
  • 自分で滑ってるところを一人で撮影したい

というスケーター向きのカメラだと思います。

また、4つのマイクがついてるため、Vlogにも向いています。

適当にカメラを構えているだけで、

  • 自分自身も周りの風景も360度撮影できる
  • 後から、使いたい範囲だけを動画にできる

ため、Vlogを手軽に撮影したいスケーターにもぴったりのカメラです。

360度カメラ「RICHO THETA」が気になる方は、こちらのリンクから機能やスペックをご確認ください。
360度カメラ「RICHO THETA」の機能・スペック