おすすめのスケボーパーツ4選!スケボー歴約10年のスケータが自信を持ってパーツ別にご紹介

おすすめのスケボーパーツ4選!スケボー歴約10年のスケータが自信を持ってパーツ別にご紹介

この記事ではスケボー歴約10年のスケーターが、これまで使ってきたパーツの中でも特に良かったものを厳選してパーツ別にご紹介します。

この記事はこんなお悩みを持ったスケーター向けの記事です。

  • スケボーを買ったけど、使ってるパーツにしっくりこない
  • もっと良いパーツを使いたい
  • 自分に合うパーツを探している

「スケボーをこれから買おうと思ってるけど、選び方が良くわからない」という方は、こちらの記事をご覧ください。

手っ取り早く始めたいならコンプリート・こだわりたいならバラで購入がオススメ!それぞれのメリット・デメリット

スケーターによって「良いパーツ」は変わる?

スケボーのイメージこの記事では、私がこれまで使ってきた経験を元におすすめのパーツをご紹介していきます。

今回ご紹介するパーツは、どれも自信を持ってオススメできるものばかり。

私自身はみなさんにぜひ使っていただきたいと思っているパーツだけを、ご紹介します。

ただ、スケボーのパーツはスケーターによって変わります。

スケーターによって、スケートスタイルやテールの弾き方、スタンスが全く違うので、私が使ったパーツが他のスケーターにとっても良いとは限りません。

そのため、この記事では

  • おすすめのパーツ
  • おすすめする理由

だけでなく、「どんなスケーターにおすすめか」も合わせてお伝えします。

この記事を読み進めていく上で、おすすめするパーツだけでなく私がどんなスケーターにオススメしているかも合わせて、参考にしていただけると嬉しいです。

【おすすめのデッキ】唯一無二の雰囲気を持つデッキブランド「SOVRN(ソヴァー)」

私がおすすめしたいデッキは、SOVRN(ソヴァー)。

SOVRN(ソヴァー)は、プロスケーター「Mikey Taylor(マイキー テイラー)が立ち上げたブランドです。

主にデッキとアパレルを販売しているブランドで、他のどのブランドとも違うカッコ良さがあります。

SOVRNはゴリゴリのスケボーブランドという雰囲気ではなく、
アーティスティックかつシンプル
な雰囲気があるブランドです。

それでいて、スケボーならではのカッコ良さもしっかり出しているブランドなので、本当にカッコいい。

そのカッコ良さはデッキのグラフィックと動画を見ていただければ、一目瞭然だと思います。

ブランドの雰囲気やデッキのグラフィックだけでなく、デッキの質自体も高く、程よい硬さでテールの弾きも良くて使いやすいデッキです。

デッキの形は、キックとコンケーブもある程度強く、ノーズとテールが少し細め。

SOVRNのデッキはこんなスケーターにオススメ

  • 人とは違うデッキに乗りたい
  • シンプルかつカッコいいデッキに乗りたい
  • キックとコンケーブはある程度強い方がいい
  • ノーズとテールは細めが好き

他の人とは違うデッキを使いたい人には、SOVRNはかなりオススメ。

まだあまり使ってるスケーターを見かけないブランドです。

SOVRNの中でもオススメのデッキ

SOVRNのデッキの中でも、特にオススメのデッキはこちら

SOVRNのデッキの中でも、個人的には特に好きなシリーズです。

【おすすめのトラック】クイックな動きが魅力的Thunder Truck(サンダー トラック)

thunder polished light私がおすすめするトラックは、Thunder(サンダー)。

サンダーはクイックな動きが魅力的なトラックで、

  • 曲がるために重心を載せる
  • テールを弾く

といった動作にすぐに反応してくれます。

トラックの重量は軽いモデルも多く、軽量化したいスケーターにはピッタリなトラックです。

私も4年以上愛用しており、今ではいくつ乗りつぶしたのかわからないほど。

私がサンダーを愛用している理由は、こちらでも熱く語っています。

4年間使っているサンダーのトラックをご紹介します

サンダーのトラックはこんなスケーターにオススメ

  • なるべく軽いトラックが良い
  • 挙動はクイックでスムーズな方が良い
  • テールを弾いてから、早くノーズが上がってきて欲しい

インディペンデントやベンチャーと比べても、スケボー初心者にも乗りやすいトラックなので、乗ったことがない方はぜひ挑戦してみてください。

サンダーの中でもおすすめのトラック

サンダーにも数多くのモデルがありますが、その中でも私がおすすめなトラックは「Thunder Truck Light High」です。

「Thunder Truck Light」はサンダーの中では2番目に重いモデルです。

サンダーのトラックはノーマルでも充分軽く、Lightよりも軽いHollow Lightだと私には軽すぎて回し系がやりづらく感じます。

Highをオススメする理由は、Lowが入手困難だから。

サンダーはLowが人気ないらしく、一部のモデル以外はLowを生産していないそうです。

【おすすめのウィール】最高の定番「Spitfire Formula Four」

スピットファイヤー私がおすすめするウィールは「Spitfire Formula Four」

「Spitfire Formula Four」は、私がおすすめするまでもなく誰もが認める最高のウィールです。

スケーターがウィールに求める、スピード・耐久性・パンクしにくさ・スライドしやすさの全てにおいてトップクラスの性能を誇る「Spitfire Formula Four」。

使ったことがないスケーターには、今すぐにでも使ってほしいウィールです。

私も最初に乗った時に感動しました。

「Spitfire Formula Four」の詳しい解説が読みたい方は、こちらの記事をどうぞ。

【高性能・安定感抜群のウィール】スケボー初心者にもおすすめのスピットファイアのFORMULAFOUR

「Spitfire Formula Four」はこんなスケーターにおすすめ

「Spitfire Formula Four」には、様々なシェイプや硬さが用意されているため、全スケーターにオススメできるウィールです。

強いて上げるなら、路面の粗さをしっかり感じたい方にはあまりオススメできないウィールです。

性能が良すぎて、路面の粗さや感触は感じにくいと思います。

「Spitfire Formula Four」の中でもオススメのウィール

「Spitfire Formula Four」にも様々な種類や硬さがありますが、「CONICAL FULL SHAPE 99D」が最もおすすめ。

接地面が広くグリップが効きやすく、ちょうど良い硬さで、どんな路面にも対応できます。

【おすすめのベアリング】最高のベアリング「BROSON (ブロンソン)」

BRONSON「Spitfire Formula Four」と同じく、全スケーターにオススメできるベアリングが「BRONSON(ブロンソン) 」です。

ベアリングの中でも最高のシェアを占める「Bones Bearing」を打倒するために、スケボー業界の大手メーカー「NHS」が本気で作ったベアリングだけあって高性能。

「BRONSON(ブロンソン) 」は

  • 回転力
  • 耐久力
  • スピードの持続性
  • メンテナンス不要

と、ベアリングに求めるどのスペックも高水準で満たしています。

このベアリングも、まだ試したことがないスケーターにはぜひ試してほしいベアリングです。

「BRONSON(ブロンソン) 」について、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧ください。

これまで使ってきた中で最高のベアリング BRONSON(ブロンソン)のレビュー

「BRONSON(ブロンソン)」はこんなスケーターにおすすめ

「BRONSON(ブロンソン)」も、どんなスケーターにもオススメできるベアリングです。

使ったことがない人は、必ず試してほしいと思えるほど。

「BRONSON(ブロンソン) 」の中でもオススメのベアリング

「BRONSON(ブロンソン) 」にはいくつかラインナップがありますが、その中でも「G3」がオススメ。

ちょっと高いですが、値段以上の価値はあります。

色々なパーツを試して自分に合うパーツを探そう!

この記事の冒頭でもお伝えしましたが、スケーターによって自分に合うパーツは変わります。

難しいのは、自分に合うパーツが色々なパーツを試してみないとわからないこと。

最初はどんなパーツを試していいかわからないと思うので、まずはこの記事でご紹介したパーツを試してみてください。

特にこの2つは、どんなスケーターにも良いと感じられるはずなので、ぜひ試してほしいです。

MarryMagの中でも、特に読んでほしい記事をまとめているこちらも合わせてご覧ください。

読者のタイプ別!MarryMagのオススメ記事

スケーターによるスケーターのためのブランド「Marry」

CTA-IMAGE これまでこの「MarryMag」を通して、みなさんのスケートライフを応援してきた「Marry」がオリジナルアパレルを販売。 「Marry」が販売するオリジナルアパレルや作品は、Marryと関わりあるスケーターが作ったもの。 どれも各スケーターがこだわりを持って作った作品です。

パーツの選び方カテゴリの最新記事