スケボーのパーツを海外通販で購入する時のやり方や注意点のまとめ

スケボーのパーツを海外通販で購入する時のやり方や注意点のまとめ

スケボーのパーツやアパレルはアメリカのブランドが多く、国内では手に入らないパーツやアパレルも数多くあります。

国内では手に入らないパーツは、海外通販を利用すれば購入できます。

ただ、海外通販を個人で利用するのって結構ハードルが高いですよね。

今回は海外通販を利用したいけど、なかなか踏み切れない方向けに

  • 海外通販を利用するメリットとデメリット
  • 海外通販をする上での注意点
  • 実際に利用した時の金額

等をご紹介します。

海外通販を利用するメリット・デメリット

海外通販の利用イメージ

スケボーのパーツやアパレルを購入する時に海外通販を利用するメリットとデメリットを簡単にお伝えすると、こんな感じです。

メリット

  • 友達や仲間とまとめ買いすると国内よりも安く購入できる
  • 国内では売ってないパーツやアパレル、スケシューを買える

デメリット

  • 購入する商品が少ないと送料が高いため、割高になる
  • 届くまでに時間がかかる
  • 支払い方法がクレジットカードかpaypalのみ

スケボー仲間と大量にパーツを購入する場合海外でしか売っていないパーツやアパレルがどうしても欲しい場合は、海外通販を利用した方がいいと思います。

海外通販を利用するメリット

海外通販を利用するデメリットであげた通り、海外通販で頼むと結構送料が高いです。

重量にもよりますが、送料は2,000円〜2万円ぐらいかかります。

ただ、パーツ1つひとつの値段は国内よりもかなり安いため、スケボー仲間と購入すれば、送料を入れても安く済みます。

特にデッキやウィール・トラック・ベアリングは、国内の60%ぐらいの価格なので、アパレルやスケシューよりもスケボーのパーツを購入することをオススメします。

デッキテープやビスについては、元々の価格があまり高くないので、国内の値段とそこまで変わりません。

アパレルやスケシューは価格もあまり変わらない上に関税がかかるため、日本でセールになった時に買った方が安く購入できるケースが多いです。

そのため、アパレルやスケシューは国内では売っていないアパレルやスケシューを狙って購入した方がいいです。

海外通販を利用するデメリット

ここまでで何度も触れましたが、海外通販を利用する上で最も大きなデメリットが「送料」が高いということです。

まとめ買いしたり、スケボー仲間と共同で購入しないと国内で購入する値段とあまり変わりません。

また、海外通販は注文から届くまでに時間がかかります。

早くて1週間、遅いと2週間以上かかる場合があります。

支払い方法がクレジットカードかpaypalのみ

海外通販ではコンビニ支払いや代引きができません。

クレジットカードかpaypalでの支払いのみです。

クレジットカードがなかったり、通販用のクレジットカードを持っていない方は楽天カードを作るのがオススメ。

私も通販は楽天カードで支払ってます。

楽天カードなら申込みなどの手続きも楽ですし、何より使う度に楽天ポイントが貯まるのでお得です。
※楽天ポイント=楽天の通販サイトで1p1円換算で使えるポイント

特に海外通販は金額が大きくなるため、楽天ポイントもかなり溜まります。

国内でスケボーのデッキやパーツを購入する時に、楽天を使う人が多いと思うので、海外通販の時は楽天カードを使うのをオススメします。

海外通販にクレジットカードを使うが不安な方は、paypalでの支払いにしましょう。

paypalでアカウントを作成し、連絡先や配送先・クレジットカード情報を伝えれば、お店にクレジットカードを伝えることなく支払えます。

登録や年会費はタダですが、支払いの3~4%の手数料がかかるので、そこだけご注意ください。

海外通販を利用する時の注意点

メリットやデメリットを読んでいただければ、ある程度海外通販を利用するイメージはついてきたと思います。

ここからはもう一歩踏み込んで、海外通販を利用する時の注意点をご紹介していきます。

海外通販を利用する時の注意点はこの3つ

  • 関税・消費税は日本で荷物を受取る時に支払う
  • 革製品やアパレルは関税がかかる
  • 間違えた商品が発送されることが多い

関税・消費税は日本で荷物を受取る時に支払う

海外通販で商品を購入した時でも日本の消費税が適用されます。

そのため、決済時点の金額が支払うトータルの金額ではありません

また、関税と同じく消費税を支払うタイミングは、荷物を受取る時なので注意してください。

荷物受け取り時に消費税+関税を支払えるぐらいのお金を用意しておきましょう。

革製品やアパレルは関税がかかる

革製品、つまりスケシューは基本的に関税がかかると思ってください。

頼んだスケシューの金額にもよりますが、1足あたり大体1,000円程度かかります。

またアパレルも関税がかかることがあります。

アパレルはかかる時とかからない時があるのですが、基本的にはかかると思った方が良いです。

間違えた商品が発送されることが多い

利用するスケートショップにもよりますが、注文した商品を間違えて送ってくることが結構多いです。

頼んでないアパレルが入ってたり、注文してたウィールとは違うウィールが入ってたりします。

荷物が届いたら注文した物が全て届いているか、注文してない物が入ってるかチェックすることをオススメします。

後でもっと詳しくご紹介しますが、間違えて商品を発送することが少ないスケートショップはこの2つです。

  • Skatewarehouse(スケートウェアハウス)
  • Tactics(タクティクス)

実際に海外通販で購入した時の金額

2018年9月に友人5人とtactics(タクティクス)でまとめて買いした商品と金額を参考までに、紹介していきます。

購入した商品はこんな感じです。

  • デッキ :14枚
  • デッキテープ:16枚
  • ウィール :2個
  • トラック :2個
  • ベアリング: 2個
  • スケシュー :3個
  • パーカーなどのアパレル :4着

かなり大量に購入したので大きめなダンボール1箱と小さめなダンボール1箱で届きました。

荷物が届いた時の様子はこんな感じ。

海外通販で頼んだスケボーのパーツが届いた様子

海外通販で購入した大量のスケボーのデッキ

購入した商品のトータルの金額や消費税などは、これぐらいです。

  • 合計:24万6,688円
  • 商品の金額:1407ドル(15万5,784円)
  • 送料:267ドル(2万9,904円)
    1人あたり5,980円
  • 消費税:15,000円
  • 関税:4,600円

デッキを大量購入したため送料が結構高くつきましたが、5人で購入したので1人あたりの送料は5.980円と結構安くなりました。

それに、日本ではまだ発売されていないPolerの新作デッキやCONSを購入できたので、大満足です。

日本に配送可能な海外のスケートショップの紹介

ここからは日本に配送してくれる海外のスケートショップとその特徴をご紹介していきます。

Skatewarehouse(スケートウェアハウス)

「安心・早い」が特徴のSkatewarehouse(スケートウェアハウス)

なるべく早く届けて欲しい、注文した商品を届けて欲しいという方はSkatewarehouse(スケートウェアハウス)一択。

他のショップが注文から2週間ぐらいかかるのに対して、Skatewarehouse(スケートウェアハウス)は1週間程度で届きます。

商品数も多く、メジャーどころからニッチなブランドの商品まで取り揃えています。

Tactics(タクティクス)

最近始めて利用したスケートショップ、Tactics(タクティクス)

Tactics(タクティクス)も注文から商品が届くまで1週間と、結構早いです。

また、大量に注文しても過不足なく注文したものが確実に入っており、信頼できるショップです。

ニッチなブランドの取扱いがあるのですが、逆にPrimitiveなどメジャーどころのブランドがなかったりします。

CCS(シーシーエス)

youtubeチャンネルを持っており、Howto動画も出しているCCS(シーシーエス)

CCS(シーシーエス)は商品数がかなり多いのですが、注文から商品が届くまで結構時間がかかります。

以前、注文した時は荷物が届くまで2週間ぐらいかかりました。

また、CCS(シーシーエス)は、プライベートブランドの安いアパレルがあり、質も良いです。

CCS(シーシーエス)の難点は注文したものが確実に入っていないこと。

注文とは違う商品が入ってたり、注文した商品が入ってないことがありました。

zumiez(ズーミーズ)

海外では大手のzumiez(ズーミーズ)

アパレルがかなり多く、アパレルを買いたいならzumiez(ズーミーズ)がオススメ。

ただ、zumiez(ズーミーズ)も注文してから届くまでに2週間ぐらいかかります。

しかも。注文とは違う商品が入ってたり、注文した商品が入ってないことがありました。

海外通販を利用する手順

海外通販の利用手順

海外通販を利用する手順は、ほとんど国内で通販する時と変わりません。

  1. 利用するスケートショップを決める
  2. 欲しい商品をカートに入れる
  3. 欲しい商品を全てカートに入れたら、購入画面へ進みます
  4. 連絡先や住所などを入力
  5. クレジットカードかpaypalで決済
  6. 荷物が届き、消費税と関税を支払う

面倒なのが住所を入れるところです。

ローマ字で入れればいいのですが、日本とは入れ方が違うので戸惑う方も多いかもしれません。

海外通販で住所を入力する方法は、こちらの記事がわかりやすいので、参考にしてください。

海外通販での住所の書き方

スケボー仲間とまとめ買いするなら海外通販はお得!

ここまで海外通販について色々とご説明してきましたが、まとめるとこんな感じです。

  • スケボー仲間で3〜4人で大量に購入するならお得
  • 消費税と関税は別にかかるから注意が必要
  • 利用するショップは、Skatewarehouse(スケートウェアハウス)かTactics(タクティクス)がオススメ

1人で購入すると結構高くつくので、あまりオススメできません。

スケボーパーツの選び方や定番のブランドを知りたい方は、このカテゴリの記事も参考にしてくださいね。

スケボーパーツの選び方と定番ブランド

コラムカテゴリの最新記事