イチから始める!オーリーが早く上手くなる練習方法

イチから始める!オーリーが早く上手くなる練習方法

この記事ではオーリーの練習を始めるところから、組みコーンを飛べるようになるまでの練習方法をご紹介します。

  • オーリーの練習を始めようと思っている人
  • どうやって練習したらいいかわからない人

に向けて書いた記事なので、よかったら参考にしてくださいね。

今回ご紹介する練習方法は、以下の5つです。

ステップ1:柵につかまってオーリーする
ステップ2:止まった状態でオーリーする
ステップ3:走った状態でオーリーする
ステップ4:小さな障害物をオーリーで飛び越える
ステップ5:少しずつ飛び越える障害物の高さを上げる

この5つのステップで練習すると、オーリーが早く上達します。

Advertisement

ステップ1:柵につかまってオーリーする

ステップ1は、自分の胸より少し低い柵や棒に掴まってオーリーしましょう。

この練習で、オーリーの一連の動作を体で覚えていきましょう。

柵に掴まって練習するメリットは、柵に掴まっているため失敗しても転びにくく、恐怖心があまりない状態で練習できることです。

恐怖心がない方がオーリーの動作に集中できるので、下半身の動作を覚えるには柵を使った練習が効果的です。

このステップでは、テールを弾く動作を覚えること集中しましょう。

オーリーはテールを弾かないと始まりません。

テールが地面に当たって「パチっと」音がなったら、きちんとテールを弾けてる証拠です。

テールをどうやって弾いたら音がなるのか、研究してみましょう。

ステップ2:止まった状態でオーリーする

次は、静止した状態でのオーリーです。

step1では柵に掴まったオーリーで、テールを弾く動作を覚えました。

step2では、オーリーの重心を覚えます。

オーリーをする時の重心は、

頭のてっぺんからおへそを通って、両足の真ん中に一本を線を引いた

ところに置くイメージです。
オーリーの軸

頭から両足の真ん中に引いた線は、オーリーの最初から最後まで絶対にぶらさないように意識してください。

この重心の位置がずれてしまうと、オーリーは絶対に上手くいきません。

それほど重心は大切なんです。

そのため、止まった状態でのオーリーでは、とにかく重心を意識しましょう。

ステップ3:走った状態でオーリーする

止まった状態でのオーリーに慣れてきたら、走った状態でのオーリーにチャレンジしてみましょう。

走った状態でのオーリーはかなり怖いと思います。

そのため、最初は遅いスピードで練習することをオススメします。

止まるか止まらないか、ぐらいからのスピードでもかまいません。

遅いスピードのオーリーに慣れてきたら、少しずつスピードを速くしていきましょう。

走った状態のオーリーのコツを簡単にお伝えすると、以下の二つです。

  • 進行方向側に飛ぶ
  • テールを進行方向とは逆側に弾くこと

遅めのスピードでこの二つのコツを試して、走った状態でのオーリーの感覚を身につけましょう。

走った状態でのオーリーのコツは、こちらの記事も参考にしてくださいね。

止まった状態と走りながらオーリーする時のイメージを変えてみよう

ステップ4:小さな障害物を飛ぶ

走った状態のオーリーに慣れてきたら、高さがほとんどない障害物を飛び越える練習をしましょう。

オススメな障害物は、道路の線や木の枝、横に倒した工事用の赤いコーン(パイロン)の先です。

最初は高さがない道路の線や、ほとんど高さのない細い木の枝から飛び越えてみましょう。

いきなり高い障害物を飛び越えるよりも、なるべく低い障害物から始めていくことをオススメします。

障害物を飛び越えるために必要なスキルはこの二つ。

  • 踏み切るタイミング
  • 高さを出す

この二つを同時に身につけるのは、非常にハードルが高いので、一つずつ身につけていきましょう。

低い障害物を飛び越える練習では、「踏み切るタイミング」を身につけることを意識しましょう。

高さの出し方はステップ5で練習するので、ステップ4では踏み切るタイミングを身につけるだけ、と割り切った方が上達が早いです。

ステップ5:少しずつ飛び越える障害物の高さを上げる

高さがない障害物を飛び越えられるようになってきたら、少しずつ飛び越える障害物の高さをあげていきます。

このステップのポイントは、高さを一気にあげないこと。

高さを一気にあげると難易度も一気に高くなり、できない状態が続くため、モチベーションも続きません。

2、3cmずつ高さを上げて達成感を味わい、自信をつけることも重要です。

この練習の時には、工事現場の赤いコーンがあると役に立ちます。

工事現場のコーンが二つあれば、それを組み合わせて、飛び越える障害物の高さを調節することができます。

このステップでは工事現場のコーンを横に倒し、その頂点で二つ組み重ねたものを飛ぶことを目標にします。
(工事現場のコーンを横にして積み重ねたものを、スケーターは組みコーンと呼びます。)

組みコーンを安定して飛べれば、オーリーはある程度身についたといえます。

障害物をオーリーで超えるコツは、この記事でより詳しく解説しているので、こちらも参考にしてくださいね。

物越えオーリーで重要な3つのポイント

ここからは色々なトリックに挑戦してみよう

今回紹介した子の順番で練習すると、オーリーが早く上達できます。

step1:柵につかまってオーリーする
step2:止まった状態でオーリーする
step3:走った状態でオーリーする
step4:小さな障害物をオーリーで飛び越える
step5:少しずつ飛び越える障害物の高さを上げる

ただ、各ステップをそれぞれご完璧にするのは、かなり時間がかかります。

そのため、各ステップを完璧にしてから次のステップに進むのではなく、ある程度感覚を掴んだら次のステップで進みましょう。

その方がトータルで考えると早く上手くなれます。

この5つのステップをクリアしたら、色々なことに挑戦できるスキルが身についています。

オーリーの高さをもっと高くするのもよし、キックフリップやFS180オーリーに挑戦するもよし、レッジトリックのボードスライドに挑戦するのも良いでしょう。

オーリーが安定して出来るようになり、色々なトリックに挑戦できるようになると、スケボーは急激に面白くなります。

オーリーは難しくて大変かもしれませんが、頑張って継続して練習していきましょう。

練習していれば、ちょっとずつでも必ず上手くなっていきます。

オーリーが上手くなりたい方は、オーリーの動作やコツを細かく説明した記事「オーリーを徹底解説!これを読めばオーリーを理解できる」とオーリーのhowto動画もぜひ参考にしてくださいね。

Howtoオーリーカテゴリの最新記事