滞空時間が長いオーリーをする3つのポイント

滞空時間が長いオーリーをする3つのポイント

「オーリーの高さと距離を出すのどっちが難しい?」と聞かれたら私は「距離を出すこと」と答えます。

おそらく大半のスケーターはそう答えるのではないでしょうか。

中級者・上級者になっても距離を出すのって結構難しいんです。

初心者の人がオーリーの距離が足りなくて最初に悩むのは、「組コーンを飛ぶ時」ではないでしょうか。

組コーンに挑戦する前に飛んでいたものは、空き缶やコーンを低く組んだものが多いはず。

その場合は距離を気にしなくても飛べるのですが、組コーンは今まで飛んでいた障害物に比べて幅があるため、オーリーの距離を気にする必要が出てきます。

組みコーンを飛ぶ時に高さは足りるけど、「距離が足りずにテールが当たってしまう」という方は多いと思います。

今回はそんな人のために距離を出すためのポイントを3つお伝えいたしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

幅跳びのイメージでジャンプする

オーリーで距離を出すための1つ目のポイントは、「幅跳びのイメージでジャンプする」こと。

このポイントは距離を出すために最重要かつ最低条件です。

Bw-ollie

自分がジャンプせず、足を上げるだけのオーリーでは絶対に距離は出ません。

必ず自分がジャンプする必要があります。

また、距離を出す時は真上ではなく進行方向側にジャンプしましょう。

高飛びではなく、幅跳びのようなイメージでジャンプすると距離を出しやすくなります。

オーリーのピークで耐える

オーリーで距離を出すための2つ目のポイントは、「オーリーのピークで耐える」こと。

距離を出す=滞空時間を増やす」ことなので、オーリーのピークの時間をいかに長くするかが重要です。

ノーズとテールを平行にした瞬間がオーリーのピークなので、その体勢をなるべくキープしましょう。

ピークの体勢で耐えれば耐えるほど、滞空時間が伸びて距離が出ます。

スピードを出してオーリーする

オーリーで距離を出すための3つ目のポイントは、「スピードを出してオーリーする」こと。

いくら滞空時間が長いオーリーができたとしても、スピードが遅いと距離はでません。

スピードを出して初めて距離が出ます。

ただ、スピードを出してオーリーをするのはかなり怖いと思います。

そのため、下記のように徐々に早いスピードでオーリーしてみましょう。

  1. まずはいつもよりワンプッシュ多くしてオーリーをする
  2. そのスピードに慣れてきたら、もうワンプッシュ多くしてオーリーをする

早いスピードでのオーリーに慣れれば、ある程度の距離は飛べるようになるはずです。

早いスピードで滞空時間の長いオーリーを

「距離を出すオーリー=早いスピードで滞空時間の長いオーリー」です。

そんなオーリーをするためには、今回ご紹介した3つのポイントが重要。

オーリーの距離が出なくて組みコーンが飛べない人は、この3つを意識して挑戦してみてください。

  • 幅跳びのイメージでジャンプする
  • オーリーのピークで耐える
  • スピードを出してオーリーする

 

オーリーの滞空時間が長いプロスケーターをこちらの記事でご紹介してるので、よかったらこちらもご覧ください。

オーリーマスターBrandon Westgate(ブランドン・ウエストゲート)

スケーターによるスケーターのためのブランド「Marry」

CTA-IMAGE これまでこの「MarryMag」を通して、みなさんのスケートライフを応援してきた「Marry」がオリジナルアパレルを販売。 「Marry」が販売するオリジナルアパレルや作品は、Marryと関わりあるスケーターが作ったもの。 どれも各スケーターがこだわりを持って作った作品です。

Howtoオーリーカテゴリの最新記事