オーリーが上手くなるための一つのポイント、前足を擦るタイミング

オーリーが上手くなるための一つのポイント、前足を擦るタイミング

「障害物は飛べてきたし高さも少しずつ出てきたけど、上手い人みたいに板が並行にならない」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

板が並行にできないと組コーン以上の高さは出しにくいですし、安定したオーリーができません。

そのため、オーリーが上手くなるためには、板を並行にする技術がかなり大切になってきます。

今回はその板を並行にするために重要な、前足を動かすポイントをお伝えします。

ノーズが前足に当たる感覚を身につける

板を並行にするためには板をノーズまでしっかりと擦って、進行方向に前足を出す必要があります。

Ollie

その前足を出すタイミングが「ノーズが前足にあたる」時なのです。

ノーズが前足にあたる前に前足を出してしまうと板を擦ることができないですし、前足が当たった後に前足を出してしまうと、板は平行になりません。

ノーズが前足にあたった瞬間に、前足を進行方向に出せないと板を並行にできません。

また、キックフリップやヒールフリップも全く同じ原理なんです。

ノーズが前足にあたる時に、振りぬくときれいなフリップになります。

そのため、まずはノーズが前足にあたる感覚を覚えましょう。

感覚を覚えるためには、このような練習方法が効果的です。

  • テールを弾いて飛ぶ
  • その時、前足はただ上にあげるだけ
  • 前足をあげていけば、ノーズが前足にあたる

上記の練習する時に重要なのは、テールは進行方向とは逆側に引いて弾くこと。

テールを進行方向と逆側に引いて弾くと、ノーズが早く上がってくるので、前足にノーズが当たりやすくなります。

フェイキーでタイミングを掴もう

ノーズが前足にあたる感覚やタイミングは、フェイキーの方が掴みやすかったりします

フェイキーの特性上、テールを弾くときに引き弾きになるため、ノーズが前足にあたりやすくなるのです。

そのため、フェイキーオーリーで今回ご紹介する練習方法を行うことで、前足にあたる感覚を掴みやすくなります。

ノーズが前足にくるまでとにかく待つ!

板を並行にする感覚を掴むのはかなり大変だと思いますが、今回ご紹介した練習方法を行えば、前足にノーズが当たる感覚を身につけられるはずです。

オーリーも動作を分解して順を追って練習すれば上手くなるので、頑張りましょう!

オーリーを徹底解説!これを読めばオーリーを理解できる

Howtoオーリーカテゴリの最新記事