スケーターにこそ試してほしい!自宅で本格的な筋トレができる無料アプリ「NTC」のご紹介

スケーターにこそ試してほしい!自宅で本格的な筋トレができる無料アプリ「NTC」のご紹介

スケボーの怪我は柔軟性を高め、筋肉を鍛えて予防しよう!」の記事でも、お伝えしたように怪我を予防するためには筋トレが大切です。

特に20代後半以降になると、徐々に筋肉が落ちてくるため、身体にかかる負担が増えていきます。

身体への負担が増えた結果、腰や膝を痛める人が多いのです。

では、どのように筋トレに取り組めばいいのでしょうか。

私がオススメの筋トレ方法は、「NTC(Nike Training Club)」というアプリで組んでもらった筋トレメニューに取り組むことです。

自分に合わせた筋トレメニューを組んでくれるアプリ「NTC(Nike Training Club)」

NTC(Nike Training Club)はNikeが開発した無料のアプリで、自分に合った筋トレメニューを組んでくれます
※iphoneとAndroidどちらでも使えます。

いわゆるパーソナルトレーナーみたいなものです。

もちろん、自動でメニューを組んでくれるだけでなく、数多くある筋トレメニューの中から自分でメニューを選ぶこともできます。

筋トレのメニューはプロのトレーナーが作ったメニューなので、効果も高いです。

私は負荷が高い筋トレのメニューをやった次の日、鍛えた部位が筋肉痛でバキバキになります。 笑

筋トレのメニューは動画+音声解説付きなので、やったことがない筋トレメニューでも、動画を見ながらやればできます。

NTCの動画

また、トレーニングトレーニング器具を使わない自重トレーニングもあるので、ジムに通わず自宅でできるのもいいところ。

ジムに通うのってお金も時間もかかりますからね。。

私も基本的には自宅で筋トレしてます。

プロスケーターNyah Hustonと同じ筋トレメニューもできる

2018年5月にNTC(Nike Training Club)の中で、Nyah Huston(ナイジャ・ヒューストン)の特集が組まれました。

Nyah Huston(ナイジャ・ヒューストン)の特集では、

  • 普段どのような筋トレに取り組んでいるのか
  • 食生活はどのようなことに気をつけているのか

がインタビューされており、それぞれスケーターとしてタメになることばかり。

その中でNyah Huston(ナイジャ・ヒューストン)と取り組んでる筋トレメニューに近い、NTC(Nike Training Club)の筋トレメニューの紹介もありました。

私がこの後ご紹介するトレーニングメニューも、Nyah Huston(ナイジャ・ヒューストン)特集で紹介されたメニューが多いので、ぜひ参考にしてみてください。

NTC(Nike Training Club)でオススメのトレーニングメニュー

NTC(Nike Training Club)を使って、私が鍛えているのは「体幹」と「下半身の筋肉」です。

Nyah Huston(ナイジャ・ヒューストン)の筋トレメニューを見ても、「体幹」と「下半身の筋肉」を鍛えるメニューが多かったので、スケーターに必要な筋肉はこの2つだと思います。

体幹を鍛える理由とオススメの筋トレメニュー

体幹を鍛えるとバランスが良くなり、身体の軸がしっかりします。

身体の軸がしっかりするとトリックの安定性が増し、変な転び方をして怪我する可能性も低くなります。

体幹を鍛えるNTC(Nike Training Club)のオススメのメニューはこの2つ

アッパーボディコアブレンド
 NTCの体幹を鍛えるメニュー

腹筋のクイックヒット

腹筋のクイックヒットはプロサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドの腹筋メニューを参考に作られており、結構ハードでした。

下半身の筋肉を鍛える理由とオススメの筋トレメニュー

下半身の筋肉を鍛えてる理由は、この2つです。

  • ステアを飛んだ時の衝撃から身体を守る
  • 高い障害物を飛び越える脚力をつける

特にステアを飛んで着地した時の負担はかなり大きいので、そのダメージから身体をしっかり守るためにも、筋肉はつけた方がいいと思います。

下半身を鍛えるNTC(Nike Training Club)のオススメのメニューはこの2つ

下半身のクイックヒット
下半身を鍛えるNTCのメニュー

リーナーレッグス2.0
下半身を鍛えるNTCのメニュー

ちょっとずつ負荷を上げていこう

NTC(Nike Training Club)の筋トレメニューには、初級・中級・上級と難易度があります。

これまで筋トレしてこなかった人が、いきなり中級のトレーニングをやると、かなりきついのでメニューをこなせないかもしれません。

そのため、筋トレをあまりしてこなかった人はNTC(Nike Training Club)自分に合わせたメニューを組んでくれる「マイプラン」の「スタートアップ」から始めることをオススメします。

「スタートアップ」なら軽めの筋トレメニューを組んでくれるので、負荷が低いメニューから取り組めます。

筋トレするならプロテインも合わせて摂取しよう

私は筋トレで筋肉がついてから、腰痛がなくなり、体の軸も安定した気がします。

ゴリゴリのマッチョになる必要はないと思いますが、体幹と下半身だけはしっかり鍛えて、良いコンディションで長く滑り続けられる身体を作りましょう。

また、筋肉をつけるなら筋トレだけでなく、タンパク質をしっかり摂取する必要があります。

普段の食事だけで筋トレ後に必要なタンパク質を摂取するのは難しいので、筋トレ後にプロテインを飲んだ方がいいです。

私がオススメするのはHMBとプロテインが合わさった「HMBプロテイン18000」

筋トレしながら1ヶ月飲んだだけで、かなり筋肉がつきました。

「HMBPROTEIN18000」の効果や味については、こちらの記事で紹介しているので、よかったらこちらも読んでみてくださいね。

滑った次の日の筋肉痛や疲労を早く回復したい方にオススメのプロテイン「HMBプロテイン18000」

身体のケア・トレーニングカテゴリの最新記事