NikeSB oneshotを1週間がっつり使ってみた感想

NikeSB oneshotを1週間がっつり使ってみた感想

今回はNikeSB oneshotを1週間がっつり使ってわかった、「よかったところ」と「悪かったところ」をまとめてみました。

nikesboneshot

 

NikeSB oneshotはこんな感じで1週間試しました。

  • 週に4~5日使用
  • 主にストリートだが、ランプでも使用
  • フリップやグラインドなど、いろんなトリックで使用

よかったところ

クイックなくいつき

履いて一発目のオーリーで、スウェードとは違うデッキテープのくいつきを感じました。

言葉にするのは難しいのですが、
スウェードは「ずるずるー」って感じでデッキがくいついてくるのに対し、NikeSBoneshotの素材は「くいっ」って感じ。

要するにNikeSBoneshotはクイックにデッキに「くいつく」イメージです。

個人的にはやりにくいと感じませんでしたが、スウェードに慣れすぎていると違和感があると思います。

また、くいつきは1週間経ってもそんなに落ちてきませんでした。

フィット感がすごい!

初めて履いた時に感じたのが、「足にすごいフィットしてる!」ということ。
足の形にそって作られているみたいに、足と靴の間に隙間がほとんどできないんです。

足にフィットしてる感覚って、滑りに結構影響しますよね。

足にフィットしているため、ボードをよりダイレクトに感じることができて、ボードコントロールが若干しやすくなりました。

悪かったところ

ソールが硬い

ソールは柔らかめだと思っていたのですが、実際はワッフルソールの履き始めぐらい硬いです。

硬いソールが苦手な人は必ず慣らしてからスケボーに使った方がいいです。

硬すぎるわけではないので、慣らしてから履けばそこそこ柔らかくなります。

新素材を試すにはいいかも

 

スウェードとは違うクイックな「くいつき」と足へのフィット感はすごい新鮮でした。

2足続けて履くかと言われると微妙ですが、慣れているスケシュー以外を履きたい時にはいいかもしれません。

 

これまで試してきたスケシューの中でも特にオススメしたいスケシューをまとめたので、こちらの記事も合わせてどうぞ

スケシューを100足以上履き潰したスケーターがオススメする7足のスケシュー

商品レビューカテゴリの最新記事