【スケボー初心者向け】オススメのミニクルーザーと練習方法

【スケボー初心者向け】オススメのミニクルーザーと練習方法

この記事ではスケボー歴約10年のスケーターが

  • ミニクルーザーとは何か
  • ミニクルーザーのメリット・デメリット
  • オススメのミニクルーザー
  • ミニクルーザーを買ったら練習してほしいこと

を詳しく解説していきます。

スケボー初心者の購入候補にあがることが多いミニクルーザー。

確かにミニクルーザーはポップなデザインなものが多く、とっつきやすいですよね。

そのミニクルーザーが、本当にスケボー初心者に向いてるかどうかも合わせてお伝えいたします。

ミニクルーザーとは

ミニクルーザーとは、サイズが小さく持ち運びしやすいスケボーのことです。

スケボーには他にもトリック向けのスケボーやサイズが大きい「クルーザー」、ロングボードといったタイプもあります。

ミニクルーザーは移動に特化した形とセッティングになっているため、トリックはできません。

「ミニクルーザー=ペニー」ではない

ミニクルーザーの中でも最も有名なのは、ペニーですよね。

penny(ペニー)

スケボーにあまり興味がない方でも知っているかもしれません。

そのためか、「ミニクルーザー=ペニー」だと思っている方も多いです。

ただ、実は「ペニー」って、オーストラリアの会社が作って販売しているミニクルーザーの商品名なんです。

ミニクルーザーには、ペニー以外にも色んな種類があります。

ペニーついて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

ミニクルーザータイプのスケボー Penny(ペニー)の魅力と選び方

ミニクルーザーの特徴

ミニクルーザー イメージ色々なタイプのスケボーがありますが、ミニクルーザーはどのような特徴があるのでしょうか。

先にざっと特徴をまとめると、

  • 持ち運びしやすく移動に特化したポップなデザイン
  • スケボー初心者が乗りこなすハードルは高い

とこんな感じ。

そう、実はミニクルーザーってスケボー初心者にはちょっとだけハードルが高いんです。

その理由については、ここから先で詳しくご紹介していきます。

ミニクルーザーの良いところ

ミニクルーザーの良いところはこの3つ。

  • 小さくて軽いから持ち運びしやすい
  • ポップなデザインが多い
  • 路面が粗いところでもスムーズに進める

小さくて軽いから持ち運びしやすい

ミニクルーザーはその名のとおり、サイズが小さいのが特徴。

また、ミニクルーザーは他のタイプと違い、板がプラスチックなので、かなり軽いです。

そのため、他のタイプと比べるとダントツで持ち運びしやすいです。

ポップなデザインが多い

ミニクルーザーには、配色がポップで女性の心を掴むようなデザインが多いのも特徴。

他のタイプのスケボーだと、女性向きのデザインはかなり少ないです。

路面が粗いところでもスムーズに進める

ミニクルーザーはトリックではなく、移動に特化したセッティングになっています。

そのため、トリック用のスケボーではスピードが落ちてしまうような粗い路面でも、ミニクルーザーなら少ない減速でスムーズに滑れます。

ミニクルーザーの良くないところ

ここまではミニクルーザーの良いところをご説明してきたので、次は良くないところをご紹介していきます。

ミニクルーザーの良くないところは、この3つです。

  • 小さくて軽いから不安定
  • トリックがやりにくい
  • カスタマイズ性が低い

小さくて軽いから不安定

ミニクルーザーの良いところでもある、小さく軽いところは逆にデメリットにもなります。

板がプラスチックなので、乗ったら結構しなります。

また、板のサイズが小さく足の置き場が狭いため、かなり不安定です。

スケボー初心者の方が乗るのは、結構怖いかも。

トリックがやりにくい

ミニクルーザーは移動と持ち運びのしやすさに特化しているため、トリックがやりにくいセッティングになっています。

不可能なわけではありませんが、ミニクルーザーのトリックでは上級者でも難しいです。

そのため、トリックがやりたい方は、ミニクルーザーではなく、トリック用のスケボーを購入しましょう。

ミニクルーザーとトリック用のスケボーの違いは、こちらの記事にまとめています。

ペニーの特徴と普通のスケボーとの違いについて

カスタマイズ性が低い

ミニクルーザーもある程度はカスタマイズできますが、パーツの種類が少なく、カスタマイズ性は低いです。

本格的にカスタマイズして、自分だけの移動用のスケボーが欲しい方は、サイズとグレードアップして本格的なクルーザーを購入しましょう。

クルーザーの選び方を徹底解説!

スケボー初心者にオススメのミニクルーザー

ペニーの良くないところここまでご紹介してきたミニクルーザーの特徴をまとめると、

  • 小さくて軽いから持ち運びしやすい
  • 粗い路面でもスムーズに滑れる
  • 不安定で乗りにくい

とこんな感じです。

正直、個人的にはスケボー初心者にミニクルーザーはオススメできません。

その理由は、特徴でもあげた「不安定で乗りにくい」こと。

ミニクルーザーを公道で乗れるぐらい乗りこなすまでには、結構時間がかかると思います。

それでもどうしても「ミニクルーザー」に乗りたい!という方は、サイズが大きめのミニクルーザーを選びましょう。

板が大きいとその分、安定感があり乗りやすいです。

ペニーであれば、27インチモデルか

32インチモデルであれば、安定感はある程度得られるはず。

ただ、板が大きいとミニクルーザーのメリットである「持ち運びのしやすさ」はなくなります。

そのため、スケボー初心者には「ミニクルーザー」ではなく、「クルーザー」の購入を検討することをオススメします。

スケボー初心者はミニクルーザーよりもクルーザーがオススメ

では、スケボー初心者にオススメの「クルーザー」と「ミニクルーザー」ってどう違うのでしょうか。

「クルーザー」を「ミニクルーザー」と比較すると、こんな違いがあります。

  • クルーザーの方が大きいため、安定感がある
  • クルーザーの方がスピードが出やすく、粗い路面でも滑りやすい
  • クルーザーの方がカスタマイズ性が高い
  • クルーザーは重く大きいため、持ち運びが少し大変

持ち運びが大変になること以外は、クルーザーを選ぶ方がメリットは大きいです。

特にクルーザーの乗りやすさ・安定感は段違い。

ミニクルーザーとクルーザーでそこまで値段も変わらないため、もう一歩踏み込んで「クルーザー」を選んでみましょう。

クルーザーの選び方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

クルーザーの選び方を徹底解説!

ミニクルーザーを買ったら練習してほしい4つのコト

ミニクルーザーの練習スケボー初心者の方がミニクルーザーを購入したら、公道に出る前にこの4つを必ず練習しましょう。

  • プッシュ(進む)
  • ターン(曲がる)
  • ブレーキ
  • 降りる

当たり前のことですが、意外に難しく感じると思います。

また、スケボーに置く足がどちらが前足になるのか、確認しておきましょう。

ミニクルーザーを公道で滑るために必要な技術は、こちらの動画にわかりやすくまとまっています。

スケボー初心者にはクルーザーも検討しよう

クルーザー マイセットアップミニクルーザーは持ち運びしやすく、可愛いデザインが多いのに、街乗りしやすいというメリットがあります。

そのため、スケボーを始める時の最初の選択肢に上がることが多いです。

ただ、実際はミニクルーザーって結構不安定で乗りにくいため、乗りこなすハードルは高いんです。

私の周りでミニクルーザーを購入したい人は、ことごとくスケボーを挫折するかクルーザーに買い換えています。

だからこそ、スケボー初心者の方で街乗りしたい方には「クルーザー」の購入を検討することを強くオススメします。

クルーザーを選ぶと持ち運びしにくくなりますが、スケボーを長く持ち運ぶことってそう頻繁にはないはず。

であれば、大きくて安定感があるクルーザーを選ぶメリットは大きいです。

値段もミニクルーザーと変わらないので、この記事を参考にクルーザーを検討してみてくださいね。

クルーザーの選び方を徹底解説!

スケーターによるスケーターのためのブランド「Marry」

CTA-IMAGE これまでこの「MarryMag」を通して、みなさんのスケートライフを応援してきた「Marry」がオリジナルアパレルを販売。 「Marry」が販売するオリジナルアパレルや作品は、Marryと関わりあるスケーターが作ったもの。 どれも各スケーターがこだわりを持って作った作品です。

パーツの選び方カテゴリの最新記事