カーブトリックを練習し始めた人に伝えたい2つのコツ

カーブトリックを練習し始めた人に伝えたい2つのコツ

k-grind

今回はボードスライドや50-50などのカーブトリックを練習し始めた人に伝えたい、カーブトリックのコツをお伝えします。

カーブトリックを練習し初めて思うことは、

  1. 縁石やボックスに乗るのが怖い
  2. 思ったとおりにボードやトラックがかからない

の2つだと思います。

1.の「恐怖心」については低いボックスで練習したり、ボックスにオーリーで乗る練習をするなど、カーブトリックする量を増やすしかありません

そのため、縁石やボックスに乗る練習やカーブトリックの練習をしていれば、嫌でも慣れていきます。

そのため今回は、2.の思うとおりにボードやトラックがかからない」お悩みの対処方法をお伝えしていきます。

きちんとオーリーをする

当たり前だと思うかもしれませんが、「ちゃんとテールを弾いてオーリーをする」ことがカーブトリックをメイクする上で一番重要です。

ボックスや縁石に慣れなかったり、できないカーブトリックをしていると、カーブトリックのイメージが先行してオーリーがおろそかになりがち。

オーリーがおろそかになると、縁石やボックスに思うようにトラックやノーズを乗せられません。

特に50-50や5-0など、テール側のトラックを乗せるカーブトリックはテールを弾かないと、テール側のトラックがうまくかかりません。

「ちゃんと弾いているつもりだけど、なぜかテールが上がってこない」という方は、縁石やボックスの高さにテールが上がる前に、カーブトリックをかけようとしています。

そのため、テール側のトラックが縁石やボックスの高さまで上がってから、縁石やボックスに乗せましょう。

視線はかける位置におく

  • ボードスライドやノーズスライドをかけるとつまって流れない
  • 50-50をかけようとしても、ノーズのトラックやフロントボードの形になる

この2つのミスの原因は、どちらも「ノーズやトラックをかけにいく位置が近すぎる」ことです。

上記のミスが多い方は縁石やボックスにかけに行く時に、自分の真横や少し前のコーピングを見ているのではないでしょうか。

自分の真横や少し前のコーピングを見ていると、かけにいく場所もその視線どおりの場所にいってしまいます。

ただ、自分の真横や少し前にトラックやノーズをかけるイメージだと、距離が近すぎてオーリーをきちんとする余裕がなくなり、思うようにかけられません。

また、ちゃんとかかってもスピードが殺されるようなかけ方になってしまうため、かかっても流れません。

オーリーをちゃんとするためには、カーブトリックをアウトする場所あたりを見てください。

そうすれば、オーリーをきちんとする時間が生まれ、カーブトリックがキレイにかかって流せるはずです。

どのトリックでも重要なのはとにかくオーリー

ここまで2つのポイントをお伝えしてきましたが、2つ目のポイントも結局はオーリーをきちんとするための工夫です。

カーブトリックはどんなトリックでもオーリーが重要になるので、この2つのポイントをしっかりと意識してカーブトリックを練習していきましょう。

カーブトリックの基本、フロントサイド50-50グラインドを練習している方はこちらも参考にしてくださいね。

フロントサイド 50-50グラインドを上達させるためにオススメの3つ練習方法

Howto記事カテゴリの最新記事