Janoski Sliponをアップデートした「Janoski Slipon RM」の比較・レビュー

Janoski Sliponをアップデートした「Janoski Slipon RM」の比較・レビュー

スケシューを100足以上履き潰したスケーターがオススメする7足のスケシュー」の記事でも1位に上げている「Janoski Slipon(ジャノスキ スリッポン)」が、2019年にアップデートされた新作が発売されました。

その名も「Janoski Slipon RM」

janoski sliponRM

「Janoski Slipon(ジャノスキ スリッポン)」をこよなく愛するスケーターとして履かずにはいられない!

ということで、すぐに購入して1ヶ月で履きつぶしてみました。

この記事では、Janoski Slipon RMについて

  • これまでの「Janoski Slipon(ジャノスキ スリッポン)」と「Janoski Slipon RM」の違い
  • 履きつぶした感想

をお伝えしていきます。

良いスケシューがないか探している方やJanoskiが気になっている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

これまでのJanoski sliponとの違い

「Janoski Slipon(ジャノスキ スリッポン)」をアップデートして発売されたのが、「Janoski Slipon RM」ということですが、具体的にはどのように違うのでしょうか。

メーカーの発表によると、アップデートの内容は大きくこの2つ

  • Zoom Airがアップデートされて反発力が強化
  • 柔軟化に優れたミッドソールが履いた瞬間からスケボーとの接地感がアップ

ざっくりまとめると、「足への負担が減った上に、スケボーの感触がよりダイレクトに伝わるようにアップデートした」というところでしょうか。

見た目は良くなったが、耐久性がやや低くなった今回のアップデート

ここからは私個人が比較して感じた今回のアップデート内容をお伝えしていきます。

私はこれまで数え切れないほど、Janoski Sliponを履きつぶしてきました。

そのため、アップデートの内容については自信を持ってお伝えできます。

まず大まかに今回のアップデート内容をまとめると、こんな感じ

  • 見た目は過去最高にスタイリッシュに
  • 耐久性はやや低くなった

見た目は過去最高にスタイリッシュに

Janoski SliponとRMの違い※画像は履きつぶしたJanoski Sliponと新品のRM

RMになり、見た目がさらにスタイリッシュになりました。

元々細かった作りがさらに細くなり、アッパーの縫い目を覆うゴムがなくなったことでさらにシンプルなイメージに。

インソールもおしゃれなデザインになっています。

個人的にはこれまで履いてきたスケシューの中でも最もスマートかつスタイリッシュな見た目になっていると思います。

普段履き用にも1足欲しいぐらい。

耐久性はやや低くなった

見た目は良くなりましたが、耐久性が下がったというのが正直な感想。

これまでのJanoski Sliponだと1ヶ月半ぐらいは持ったのですが、Janoski Slipon RMは一ヶ月ぐらいしか持ちませんでした。

アッパーやソールの耐久性は変わっていないのですが、靴が伸びるスピードが早くなっています。

スリッポンによくあるのが、履き続けていると靴のアッパーなどが伸びてブカブカになってきてしまうこと。

そのアッパーの伸びるスピードが早くなったように感じます。

その原因になっていそうなのが、RMはアッパーの縫い目がゴムで覆われていないこと。

縫い目がゴムで覆われていないと、滑っているうちに糸が切れてきてしまいます。

特に普通のスニーカーのタンに当たる部分、アッパーとゴムの縫い目が出ているのがちょっと不満。

この写真がJanoski Slipon RMの画像

Janoski slipon RMの縫い目

こっちがこれまでのJanoski Sliponの画像(ボロボロですが・・)

janoski sliponの縫い目

 

アッパーとゴムの縫い目が切れてしまうと、すぐにブカブカ・ゆるゆるになってしまいます。

State(ステイト)のスリッポンは、アッパーとゴムの縫い目が切れてしまい、早々に履けなくなってしまいました。

keysのつなぎ目

履き心地は正直そこまで変わらない

これまでのJanoski SliponとRMの違いを比較してきましたが、ここからは実際に履いた感想をお伝えしていきます。

履き心地をお伝えすると、これまでのJanoski SliponとRMも正直そこまで変わりません。

履いてスケボーに乗った時の感覚やオーリーやキックフリップなどのトリックをした時の感覚は、これまでのJanoski Sliponと変わらず。

これまでのJanoski Sliponでも充分すぎるほどにやりやすいので、履き心地に関しては満足してます。

ただ、最初に履いた感じはこれまでのJanoski Sliponよりも、ちょっときつく感じます。

これは全体的に細くなったからかもしれません。

耐久性に関しては、先ほどお伝えしたとおり、低くなってしまいました。

履き始めてから1ヶ月前後ぐらいで、かなりゆるゆるになってしまい、スケボーがやりにくい状態になってしまいました。

アップデートされてもやっぱり良かったJanoski slipon

若干不満点はあるものの、総合的には引き続き名作のスケシューだと思います。

耐久性は下がったものの、見た目はよりスタイリッシュになり、スケボーのしやすさも抜群。

アップデート後も自信を持って、他のスケーターにオススメできるスケシューです。

ただ、耐久性を求めているスケーターには向かなくなってしまったかなーという印象です。

Janoski slipon以外のオススメのスケシューを知りたい方は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

スケシューを100足以上履き潰したスケーターがオススメする7足のスケシュー

スケーターによるスケーターのためのブランド「Marry」

CTA-IMAGE これまでこの「MarryMag」を通して、みなさんのスケートライフを応援してきた「Marry」がオリジナルアパレルを販売。 「Marry」が販売するオリジナルアパレルや作品は、Marryと関わりあるスケーターが作ったもの。 どれも各スケーターがこだわりを持って作った作品です。

商品レビューカテゴリの最新記事