ヒールフリップをメイクする4つのコツと板が回転しない人にオススメの練習方法

ヒールフリップをメイクする4つのコツと板が回転しない人にオススメの練習方法

キックフリップと並んでオーリーの次に練習することが多い、ヒールフリップをメイクするコツをご紹介します。

  • ヒールフリップを練習してるけど、なかなか板が回らない
  • 板が自分よりも後ろに飛んでしまって、全然乗れない

など、なかなかヒールフリップに乗れない方はぜひ参考にしてくださいね。

ヒールフリップとは

ヒールフリップのコツをご紹介する前に、ヒールフリップとはどんなトリックかをご説明します。

ヒールフリップとは、オーリーの応用トリックです。
ほとんどオーリーと同じ動作ですが、前足のかかとをノーズに当てて、板を縦に1回転させるトリックです。

文字だとイメージがつきにくい、もしくはヒールフリップを見たことがない方はこちらのHowto動画をご覧ください。

ヒールフリップをメイクする4つのコツ

ヒールフリップがどんなトリックかわかったところで、ヒールフリップをメイクする4つのコツをそれぞれご紹介します。

ヒールフリップをメイクするコツ

  • かかとをまっすぐ振り抜く
  • お尻に重心を乗せる
  • テールをちゃんと弾く
  • 板のしなる力を利用する

かかとをまっすぐ振り抜く

ヒールフリップで板が回転しない時は

  • 前足でフリップをかけるタイミングが早い
  • 前足でフリップをかける方向が間違っている

のどちらかが原因になってることが多いです。

この二つを解決するために意識して欲しいのが、進行方向側にまっすぐかかとを振り抜くということ。

かかとでフリップ回転をかけようと意識するあまり、腹側方向に振り抜きすぎて、かかとにノーズがうまく当たっていない方が多いです。

そのため、できるだけ進行方向側に「まっすぐ」かかとを振り抜きましょう。

そうすればフリップをかけるタイミングが合い、フリップをかける方向も正しくなります。

お尻に重心をのせる

ヒールフリップの重心はオーリーの重心とは若干異なります。

オーリーと比べて背中側に重心を置くことをイメージすると、自分の真下でデッキが回ります。

背中というよりもお尻に重心をのせる、と言った方がわかりやすいかもしれませんね。

オーリーよりもさらにヤンキー座りになるイメージで重心を落とすと、ヒールフリップに合った重心を取れます。

オーリーと同じ重心で回そうとすると、自分より後ろで板が回ってしまいます。

自分よりも後ろで板が回る方は、重心を見直してみてくださいね。

テールをちゃんと弾く

回せるようになった後、乗りにいく時に一番気をつけてほしいコツがテールをちゃんと弾くこと。

ちゃんと弾かないと板が股間に刺さります。めちゃくちゃ痛いです

フリップ回転がかからなくてもいいから、「絶対弾く」という意識で練習してください。

また、オーリーよりも真下に弾くように意識すると、綺麗に回転がかかり、高さがあるヒールになります。

テールを引いて弾くと抜くタイミングが早くなり、うまく回転がかからなかったり、高さが出なかったり
します。

板のしなる力を利用する

最後のコツは難しいのですが、これができればヒールの完成度が一気に上がります。

ヒールのスタンスを取って、前足は腹側に重心をかけ、後ろ足は背中側に重心をかけてみてください。

そうすると前と後ろへ向かう力が拮抗して、板がしなる力を感じると思います。

この板がしなる力が溜まった状態でヒールフリップをすると、板が早く高く上がってきます。

また、しなる力を使うことで軽い力でヒールフリップができます。

最初に回す感覚だけ掴む

もしこの4つのコツを意識しても板が回らない場合は、かかとで板を回す感覚だけをまずは掴みましょう。

この順番で練習すれば、板を回転させる感覚と板に乗りにいく自信がつくはずです。

  1. 板を回すだけで、両足とも板に乗りにいかない
  2. 板を回して、前足だけで乗りに行く
  3. 板を回して、後ろ足だけで乗りに行く

ヒールフリップで板を回転させるのは実は簡単で、

  • オーリーのスタンスから、前足のつま先を少しだす
  • そのスタンスで、まったくオーリーと同じ動きを前足で行う

この二つができれば、板は回転するはずです。

テールを弾く動作だけは絶対にサボらない

簡単におさらいすると、今回ご紹介したヒーリフリップをメイクする4つのコツは

  • かかとをまっすぐ振り抜く
  • お尻に重心を乗せる
  • テールをちゃんと弾く
  • 板のしなる力を利用する

でした。

他のコツが意識できなくても、3つ目の「テールをちゃんと弾く」コツだけは意識してください。

ヒールフリップの練習で股間にささったorささりそうになった人をたくさん見てきたので。。

ヒールフリップのコツについては、こちらの動画でも解説してるので良かったら参考にしてくださいね。

また、キックフリップとヒールフリップのどちらを練習するか迷っている方は「キックフリップよりヒールフリップを先に練習した方がいい理由」の記事も合わせてご覧ください。

Howto記事カテゴリの最新記事