ヒールフリップの完成度を高める4つのコツ

ヒールフリップの完成度を高める4つのコツ

キックフリップと比べると、トリックの綺麗さや精度、高さなど完成度を上げにくいヒールフリップ。

今回はそんな完成度を上げにくいヒールフリップの

  • 綺麗さ
  • 精度
  • 高さ

など、トータルの完成度を高める4つのコツをご紹介します。

今回はヒールフリップが出来ることを前提にコツをご紹介していくので、まだヒールフリップがメイクできていない方は、まずはこちらの記事どうぞ。

ヒールフリップをメイクする4つのコツと板が回転しない人にオススメの練習方法

ヒールフリップの完成度を高める4つのコツ

ヒールフリップの綺麗さや精度・高さなど、トータルの完成度をあげるにはこの4つのコツを意識してください。

  • フロントポップのスタンスで真下に弾く
  • かかとはまっすぐ振り抜く
  • お尻に重心を置く
  • 前足と後ろ足でデッキを抑えて、板の反発力を利用する

フロントポップのスタンスで真下に弾く

後ろ足はフロントポップのように、テールの真ん中よりも背中側に寄せて置きましょう。

そのスタンスで真下に弾くことで、板に回転がかかりやすく、高さも出やすいです。

ヒールフリップは進行方向とは逆側に引きながら弾く、「引き弾き」をすると高さが出にくいトリック。

ヒールフリップは前足でノーズを引っ張りにくいため、前足にノーズが当たるタイミングが早いと高さを出せません。

そのため、真下に弾いてノーズが前足に当たるタイミングを遅らせましょう。

かかとはまっすぐ振り抜く

ヒールフリップは自分の腹側に抜きやすいトリックですが、それでは完成度は上がりません。

進行方向側に対して、オーリーのようにまっすぐかかとを振り抜くように意識しましょう。

腹側に抜いてしまうと、うまく板に回転がかからなかったり、テールが上がってこないヒールフリップになってしまい、高さも見た目もイマイチなヒールフリップになりやすいです。

お尻に重心を置く

ヒールフリップの基本でもありますが、重心はお尻にのせましょう。

オーリーと同じ重心でヒールフリップをすると、板よりも腹側に自分が飛んでしまい、板が真下で回りません。

板が真下に回らないと、弾く力やかかとで振り抜く力が板にきちんと伝わらないため、ヒールフリップの完成度は上がりません。

前足と後ろ足でデッキを抑えて、板の反発力を利用する

今回ご紹介する4つのコツの中で、実践するのが最も難しいコツです。

ただ、このコツが実践できると、ヒールフリップの完成度とメイク率がかなり高くなります。

4つ目のコツは、前足と後ろ足でデッキをしならせて、その反発力を利用することです。

デッキの反発力を感じるために、まずは止まった状態でヒールフリップのスタンスになり、下記の手順で動いてみてください。

  1. 前足で腹側に力を入れてデッキを傾ける
  2. 後ろ足で背中側に力を入れてデッキを傾ける
  3. 前足と後ろ足に入れる力を均等にする

そうすると、デッキがしなるのを感じると思います。

3.まで行った状態でヒールフリップの動作を行うと、軽くやっただけでもフリップ回転が早く、高さもあるヒールフリップができるようになります。

ヒールフリップの完成度を高めて目立とう!

キックフリップが得意なスケーターは多いのですが、メインスタンスのヒールフリップが得意なスケーターは少数派です。

だからこそ、ヒールフリップが得意になると仲間内やパークで目立てます。

  • キックフリップの完成度が上がらなくて悩んでる
  • キックフリップができないけどヒールフリップができる

という方はヒールフリップの完成度を上げる練習をオススメします。

ぜひ皆さんも今回ご紹介した4つのコツを参考に、ヒールフリップの完成度を上げてください。

最後にヒールフリップのhowto動画を貼っておくので、こちらも良かったら参考にしてくださいね。

 

Howto記事カテゴリの最新記事