フロントサイド180オーリーをメイクする3つのポイント

フロントサイド180オーリーをメイクする3つのポイント

今回の記事では、フロントサイド180オーリーをメイクする3つのポイントをご紹介します。

  • フロントサイド180オーリー練習してるけど、回りきらない
  • できるけどしっくりこない

という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

フロントサイド180オーリーは、オーリーしながら背中側に180度回転して着地するトリックです。

フロントサイド180オーリートリックがどんなトリックか、イメージができない方はこちらの動画をご覧ください。

フロントサイド180オーリーは基本となるトリックで、色々な応用トリックにつながります。

そのため、感覚が身につくまでしっかり練習しましょう。

フロントサイド180オーリーをメイクするポイントはこの3つです。

  • 前足のつま先を出す
  • 上半身を一気に180度回し切る
  • テールをしっかり弾く

オーリーがしっかりできていれば、この3つを意識するだけでメイクできるようになるはずなので、挑戦してみましょう。

前足のつま先を出してオーリーする

フロントサイド180オーリーのスタンスで最も重要なのは、前足のつま先を少しだけ腹側に出すこと。

親指の第1関節がデッキよりも腹側に出る位置までずらしてみてください。

そのスタンスでいつもどおりオーリーするだけで、背中側に45度ぐらいまで回るはずです。

前足のつま先を腹側に出すとノーズを背中側に擦り上げやすくなるので、フロントサイト180オーリーがやりやすくなります。

上半身を一気に回し切る

よくhowto動画では

  • 前半の90度は上半身
  • あとの90度は下半身

で回すと伝えていますが、最初からこの動きを意識すると180度回りきれないと思います。

最終的には前半の90度を上半身、後半の90度は下半身で持っていきたいのですが、最初は上半身で180度回転させるイメージでオーリーしましょう。

上半身が回りきっていないと下半身もついてこないので、まずは上半身を180度回しきるように練習しましょう。

上半身を一気に回し切るイメージでフロントサイド180オーリーを練習し、余裕が出てきたら、

  • 前半の90度は上半身
  • あとの90度は下半身

のイメージに切り替えることをおすすめします。

フロントサイド180オーリー以外でも体を180回転させるトリックは、上半身を先行して回すことが大切です。

テールをしっかり弾く

フロントサイド180オーリーを練習している方は、180度回転することに意識がとらわれて、テールをしっかり弾けずに180度回転しきれなかったり、デッキがついてこない失敗が結構多いのではないでしょうか。

テールを弾けない理由は、この2つです。

1)テールを腹側にしゃくってしまい、デッキが体よりも先に回転してしまう
2)弾いたテールが地面に当たっていない

この2つを解消するためには、オーリーのように真下や進行方向と逆側にテールを弾くようにしましょう。

板を腹側にしゃくらなくても、上半身が回っていれば180度回りきれます。

とにかく上半身を先行して回す

フロントサイド180オーリーは、今回ご紹介した3つのポイントが意識できればメイクできるはずです。

特に2つ目の「上半身を回しきる」ことはフロントサイド180オーリーで一番重要なので、必ず意識しましょう。

一度に回しきるのが怖い人は「最初は45度で着地」、「次は90度で着地」と徐々に回る角度を大きくして、回転して着地することに慣れていきましょう。

また、フェイキーやスイッチスタンスに慣れておくと、着地する時にまくられにくくなるので、フェイキーやスイッチスタンスで滑る時間も増やしてみましょう。

オーリーさえしっかりできれば、必ずメイクできるトリックなので、頑張ってトライしてみましょう!

フロントサイト180オーリーとは逆側に回るトリック、バックサイド180オーリーのコツもこの記事にまとめているので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

バックサイド180オーリーが180度回らない人に伝えたい3つのコツ

Howto記事カテゴリの最新記事