【20代・30代のスケーターへ】筋膜リリースのススメ

【20代・30代のスケーターへ】筋膜リリースのススメ

この記事では20代後半以降のスケーターに向けて「筋膜リリース」をご紹介します。

筋膜リリースすると、身体の柔軟性と腰痛・肩こりが改善する効果があります。

  • 歳をとって身体が硬くなってきたと感じる
  • 疲労で身体が動きづらいと感じる
  • 疲労が溜まっている
  • 次の日の疲労をできるだけ軽くしたい

とお悩みの方は、ぜひこの記事を読んで筋膜リリースを試してみてくださいね。

筋膜リリースとは

筋膜リリースのイメージ筋膜リリースとは何かを説明する前に、「筋膜」とは何かを解説していきましょう。

筋膜とは、筋肉を包んでいる薄い膜のこと。

筋膜は柔らかいため、萎縮したり癒着(くっつく)しやすい組織です。

筋膜が萎縮・癒着すると、筋肉の凝りや痛みの原因になります。

また、筋膜が萎縮・癒着した状態だと、筋肉自体の動きを邪魔してしまいます。

スケボーして疲れが溜まって、身体が動かしづらくなるのは、筋膜が萎縮・癒着していることが原因かもしれませんね。

そのように萎縮・癒着している筋膜を、引き剥がしたり引き離したりして正常な状態に戻すことを「筋膜リリース」と言います。

筋膜リリースの効果

トレーニングイメージでは、筋膜リリースはどんな効果があるのでしょうか。

筋膜リリースには、下記2つの効果があると言われています。

  • 身体の柔軟性が改善
  • 腰痛・肩こりの改善

身体の柔軟性が改善

筋膜リリースすると、萎縮・癒着して筋肉の動きを邪魔していた筋膜が正常な状態に戻るため、手足を動かしやすくなったり、可動域が改善します。

腰痛・肩こりの改善

腰痛・肩こりの原因が筋肉の凝りにある場合は、症状の改善が期待できます。

特に腰痛に悩まされているスケーターは試してみる価値があると思います。

腰痛の原因のひとつに、太ももやお尻の筋肉が凝り固まっていることがあげられます。

私も過去に腰痛で悩んだ時期があったのですが、太ももやお尻の筋肉の凝りをほぐしたり、鍛えることで腰痛が改善しました。

自分でもできる筋膜リリース

フォームローラーマッサージ師や整体師に筋膜リリースしてもらえますが、そんなに頻繁にマッサージや整体に通えないですよね。

でも筋膜リリースが自分でもできるアイテムがあるので、気軽に試せます。

ストレッチポールやフォームローラーと呼ばれる、筒状のアイテムを使ってストレッチすると筋膜リリースの効果が期待できます。

フォームローラーなら、ちょっとしたスペースがあれば、自宅でも筋膜リリースが簡単にできます。

youtubeに多くのhow to動画がアップされており、使い方に悩むこともないはず。

20代後半から身体のケアを始めよう!

spencerhamiltonのストレッチ※画像はplaceskateboardingから引用

20代後半以降、滑ったあとの疲労回復は遅くなり、疲労も溜まるようになりますよね。

疲労回復で身体が動かない時は、筋膜が萎縮・癒着して筋肉が動きづらくなっているのかもしれません。

20代後半以降も良いコンディションを保つためには、身体のケアが必要です。

身体をケアする一つの方法として、筋膜リリースを試してみる価値はあると思います。

実際に海外のプロスケーター達が、フォームローラーを持っている姿を動画でよく見かけます。

私が知ってるかぎりでも、Mike Caroll,Chris Cole,Sean Malto,Spencer Hamilton,Neen Williamsと、これだけのスケーターが使っています。

実際にフォームローラーを試してみた感想

私もフォームローラーを購入して、筋膜リリースするストレッチを試してみました。

試してみると、とにかく痛い。

私のスケボー仲間で最も若い16歳のスケーターでさえ痛がってました。

やっぱりスケーターは知らないうちに、筋肉を酷使しているのかもしれませんね。

ただ、筋膜リリースを続けるのと続けないのでは、かなりコンディションが変わります。

疲労回復が劇的に早くなるわけではありませんが、疲れても身体が動きやすく感じます。

また、筋肉が凝ることも少なくなり、ある程度効果を実感しています。

安いフォームローラーから試してみよう

筋膜リリースができるストレッチポールやフォームローラーには色々な種類があります。

その中でも最も有名なのが、トリガーポイント。

ただ、トリガーポイントのフォームローラーって、そこそこ高いんですよね。

振動させる機能がついており、筋膜リリースの効果が高いのかもしれませんが、もっと安いフォームローラーでも充分だと思います。

私が買ったフォームローラーも、確か2000円程度だったと思います。

筋膜リリースは、安い金額でできる身体のケアなので、20代後半以降のスケーターは試してみてください。

身体のケアは歳を重ねれば重ねるほど大切になってきます。

私が色々と調べて試してよかった身体のケアの方法は、こちらの記事にまとめているので、よかったらこちらもどうぞ。

20代後半〜40代のスケーターに試してほしい!長く滑り続けられるコンディションを作る4つの習慣

スケーターによるスケーターのためのブランド「Marry」

CTA-IMAGE これまでこの「MarryMag」を通して、みなさんのスケートライフを応援してきた「Marry」がオリジナルアパレルを販売。 「Marry」が販売するオリジナルアパレルや作品は、Marryと関わりあるスケーターが作ったもの。 どれも各スケーターがこだわりを持って作った作品です。

身体のケア・トレーニングカテゴリの最新記事