フェイキーオーリーを練習する3つのメリットとフェイキースタンスの魅力

フェイキーオーリーを練習する3つのメリットとフェイキースタンスの魅力

今回はフェイキーオーリーを練習する3つのメリットフェイキースタンスの魅力をご紹介します

最近のプロスケーターは「ノーリー」と「スイッチ」が得意な人が多いのですが、フェイキーが得意な人はなかなかいません。

そのため、スケボーを始めてオーリーができるようになってくると、「ノーリー」と「スイッチ」を練習し始める人が多い気がします。

ただ、私はオーリーができるようになったスケーターの方は、まずフェイキーオーリーから練習した方がいいと思います。

その理由は、フェイキーオーリーを練習するとこの3つのメリットがあるからです。

  • メインスタンスのオーリーが上手くなる
  • 180オーリーの着地がスムーズになる
  • トリックの幅が広がる

そして、フェイキースタンスは得意な人・練習する人が少ないからこそ、スタイルを出しやすいスタンスなんです。

フェイキーオーリーを練習するメリット

フェイキーオーリー

スケボー初心者の方にとって、フェイキーオーリーを練習する3つのメリットはかなり大きいです。

オーリーでコーンなどの障害物を超えられるようになったら、少しずつフェイキーオーリーを練習し始めましょう。

メインスタンスのオーリーが上手くなる

フェイキーオーリーを練習すると、メインスタンスのオーリーの上達に繋がります。

特にメインスタンスのオーリーでノーズとテールが平行になっていない方は、フェイキーオーリーを練習することをオススメします。

フェイキーオーリーは進行方向側にテールを弾くため、ノーズが前足に引っかかりやすくなります。

ノーズが前足に引っかかりやすいということは、ノーズを前足で擦りやすくなるということ。

オーリーでノーズとテールを平行にするためには、前足で擦る感覚がかなり重要なんです。

メインスタンスのオーリーがなかなか平行にならない方は、フェイキーオーリーで前足を擦る感覚を掴みましょう。

平行なオーリーがしたい方は、こちらの記事も合わせて参考にしてくださいね。

オーリーを並行にするために意識するべき2つのポイント

180オーリーの着地がスムーズにできる

オーリーと並ぶ基礎トリックである、「フロントサイド180オーリー」と「バックサイド180オーリー」。

どちらもメインスタンスから180度回転して着地するので、地面に降りる時のスタンスはフェイキースタンスになります。

フェイキースタンスに慣れていないと、フェイキースタンスで着地するのが怖かったり、着地の時にまくられることが多いです。

早いうちからフェイキーオーリーを練習しておくと、必然的にフェイキースタンスでの着地になれます。

フェイキースタンスでの着地に慣れると、180系トリックの着地に恐怖心がなくなり、重心の置き方がわかるため、まくられにくくなります。

トリックの幅が広がる

フェイキーオーリーができると、一気にトリックの幅が広がります。

ぱっと思いつくものだけでも、これだけあります。

  • フェイキー系の180オーリー
  • フェイキー系のポップショービット
  • フェイキー系のショービット
  • フェイキー系のフリップ

進む方向は違えど、テールを叩く足もノーズを振り抜く足も同じなので、メインでできるトリックはフェイキースタンスでも割と簡単にできるようになります。

特にフェイキースタンスのバックサイド側の180オーリー「ハーフキャブ」は、メインスタンスの180オーリーよりも簡単なので、すぐにできるようになるはず。

フェイキースタンスを得意になってスタイルを出そう

ここまでフェイキーオーリーを練習するメリットを3つご紹介してきましたが、もう1つフェイキーオーリーを練習するメリットがあります。

それは

フェイキーオーリーが得意になるとスタイルが出る

ということ。

記事の冒頭でもお伝えしたように、今はノーリースタンスとスイッチスタンスが得意な人が多い時代です。

だからこそ、フェイキースタンス・フェイキーオーリーが得意だと、他のスケーターとは違うスタイルになります。

みんなが得意なトリックや流行なトリックもいいのですが、やはりみんながやっていないトリックをやっている方が、スタイルが出ると思います。

今回の記事でフェイキースタンスに興味が出た方は、ぜひこちらの記事を参考にフェイキーオーリーを練習してみてくださいね。

フェイキーオーリーが上手くなるためのコツを徹底解説!

Howto記事カテゴリの最新記事