練習量だけ増やすのは効率が悪い?スケボーを早く上達させる練習の質を高める2つのコツ

練習量だけ増やすのは効率が悪い?スケボーを早く上達させる練習の質を高める2つのコツ

今回はスケボーが早く上達するために重要な「練習の質を高める」コツをご紹介します。

練習の質を高めるコツはこの2つ。

  • 動作を分解する
  • 各動作を個別に練習する

この2つのコツをおさえて練習すると、スケボーが早く上達します。

動作を分解する

スケボーのトリックを安定させ綺麗にメイクするためには、トリックの動作を

  • どれだけ具体的にイメージできるか
  • どれだけそのイメージ通りに動けるか

にかかっています。

トリックの動作を具体的にイメージするには、各トリックごとに
「体のどこを」
「どのタイミングで」
「どう動かせばいいか」
を分析しなければいけません。

Howto動画やプロが滑ってる動画をスローモーションで確認し、

  • テールはどうやって弾けばいいのか
  • 前足はどのタイミングでどう動かしているのか

など、動作を細かく分解し、確認していきましょう。

なんとなくキックフリップはこうやって動くのかなーというレベルではなく、「テールを弾くのはこう」、「抜き足はこの方向に動かす」ぐらいのレベルで分解してください。

ここまで細かく分解すると、自分自身がトリックするイメージができるはずです。

各動作を個別に練習する

 

スケボー自分自身がトリックするイメージができたら、分解した動作を1つずつ練習していきましょう。

キックフリップを例に出すと、まずは板を1回転させる動作だけを練習します。

回した板に乗りにいかずに、板を1回転させるために必要な動作をイメージの通りにおこなってみましょう。

例えば、

  • 膝のひらき方
  • 前足の足首の寝かせ方
  • 前足を振り抜く方向

など、とにかく板を1回転させる動作だけに集中します。

体をイメージ通りに動かせて板を1回転させられたら、次は1回転させた板に前足だけ乗せる練習をする

とこのように各動作ごとにわけて練習することが、スケボーの練習の質を高める方法です。

とはいえ、ある程度のイメージで出来る時もあります。

しかし、トリックの完成度やメイク率を上げるためには、このような地道な練習が必ず必要です。

練習量×練習の質=上達のスピード

みなさんも実感しているとおり、スケボーが上手くなるためにはとにかく練習する必要があります。

スケボーは体にいかに動作を染み込ませるかが重要なので、練習量は多ければ多いほどいいです。

ただ、練習量を増やすのには体力的にも時間的にも限界がありますよね。

だからこそ、練習の質を上げることがすごい大切なんです。

スケボーの上達スピードを数式にするとこうなります。

練習の質×練習量=スケボーの上達スピード

練習量が多くても、練習の質が低いとスケボーが上達するスピードは遅くなります。

そのかわり、練習の質が高ければ少ない練習量でも上達するスピードを速くできます。

スケボーを早く上達したい方は、練習量を増やすだけでなく「練習の質を上げる」という考え方を持って練習しましょう。

今回の記事とは別の観点で、スケボーが上達する方法を解説したこちらの記事もぜひお読みください。

スケート歴7年目でようやく実感した上達するための練習方法

Howto記事カテゴリの最新記事