目的・用途別おすすめのクルーザーデッキと選び方を徹底解説

目的・用途別おすすめのクルーザーデッキと選び方を徹底解説

街乗り用のスケボー「クルーザー」を組み立てる時、どんなクルーザーデッキにするか迷いますよね。

トリック用のデッキと違って、明確に選ぶ基準があるわけでもないので、クルーザーを組む目的や用途を自分でイメージしてデッキを選ぶ必要があります。

といっても、初めてクルーザーを組む方やスケボーを初めたばかりの方は、どうやって選べばいいかわからないと思います。

そんな方に向けて、この記事では目的別・用途別に

  • おすすめのクルーザーデッキのご紹介
  • クルーザーデッキの選び方を解説

していきます。

クルーザーとは

クルーザー本題に入る前にクルーザーについて詳しく知らない方向けに、「クルーザーとは何か」をあらためてご説明します。

クルーザーとは、移動に特化したスケボーのこと。

街乗り用のスケボーだと思ってもらえれば、間違いないです。

トリック向けのスケボーとは、使っているパーツの種類が異なります。

トリック向けのスケボーとクルーザーの違いをもっと知りたい方は、違いを詳しく解説したこちらの記事をご覧ください。

クルーザーの選び方を徹底解説!

 

クルーザーデッキの特徴

これからご紹介するクルーザーデッキとは、クルージング向けに作られたデッキのことです。

一般的なクルーザーデッキのシェイプはこんな感じ。

クルージング

トリック用のスケボーよりも、ノーズが細くテールが太いのが特徴です。

シェイプ以外はトリック向けのデッキと変わりません。

ただ、実はクルーザーデッキではトリックをしないため、どんなシェイプでも良いんです。

自分の好きなシェイプ・グラフィックのデッキを選んで大丈夫。

クルーザーデッキの選び方

デッキの選び方「好きなシェイプ・グラフィックのデッキを選んでもいい」と言われても困りますよね。

そんな方のために、ここからはおすすめのクルーザーデッキと選び方を紹介・解説していきます。

クルーザーデッキを選ぶ時は、まずどんな風にクルーザーを使うのかイメージしてみましょう。

私がパッと思いつくのは、こんなイメージです。

  • 電車に乗って移動しつつ、駅から目的地までをクルージングしたい
  • 長距離クルージングしたい

クルーザーの使い方以外にも、こういった条件も出しておくと、さらに選びやすくなります。

  • なるべく安くクルーザーを組みたい
  • 定番のクルーザーデッキを使いたい
  • 個性的なクルーザーデッキを使いたい

 

おすすめのクルーザーデッキ

Marryのブランドイメージ2おすすめのクルーザーデッキも、ここまでの使用イメージ・条件をふまえた下記5つの観点からご紹介していきます。

  • 持ち運びしやすいクルーザーにしたい
  • 安定感あるクルーザーにしたい
  • とにかく安く済ませたい
  • 個性的なクルーザーにしたい
  • 定番のクルーザーにしたい

持ち運びしやすいクルーザーにしたい

電車に乗って移動しつつ、駅から目的地までクルージングをしたい方には、持ち運びしやすいクルーザーがおすすめです。

具体的には、デッキのサイズが小さいものを選びましょう。

デッキのサイズは、7.75インチ以下のクルーザーがおすすめ。

持ち運びしやすいクルーザーとして、おすすめしたいのは「5BORO」の7.625インチのクルーザーデッキ。

スケーターらしいカッコいいデザインながら、7.625インチと小さめのサイズで持ち運びしやすいです。

また、小さいながらもノーズとテールにキックがあるため、安定感もあります。

安定感あるクルーザーにしたい

  • 長距離クルージングしたい
  • クルージングしたいけど、乗り慣れていないから不安
  • スピード出したい

という方には、安定感があるクルーザーデッキがおすすめです。

具体的には、サイズが大きめのクルーザーデッキを選びましょう。

サイズは8.0〜9.0インチのクルーザーデッキを選べば、安定すると感じられるはず。

9.0インチを超えると重くて、持ち運ぶのが面倒になります。

安定感あるクルーザーデッキでおすすめなのは、「POLAR」のP9シェイブデッキ、8.625インチです。

ノーズとテールのキックもあり、結構太いのでかなり安定するため、トリックもできちゃいます。

私の周りでもトリック向けのデッキとして使っているスケーターがいます。

とにかく安く済ませたい

「クルーザーデッキにお金をあまりかけたくない」という方には、ブランク(グラフィックなし)のクルーザーデッキがおすすめです。

ブランクのクルーザーデッキなら、4,000円〜7,000円で手に入ります。

ブランクでもカラーやサイズも豊富に用意されているので、選択肢は多いです。

ただ、ブランクのクルーザーデッキには粗悪なものも多いので、気をつけてください。

私がおすすめしたい良質なブランクのクルーザーデッキは、この2つ。

どちらもスケボー専門ショップが販売しているだけあって、質が高いクルーザーデッキです。

先にご紹介したクルーザーデッキは、有名なデッキブランド「REAL」と同じデラックスのプレス。

「ブランク=質が悪い」というわけではないので、ご安心ください。

個性的なクルーザーにしたい

クルーザーデッキはトリックのやりやすさは考えなくてもいいため、個性的なシェイプのデッキも問題なく選べます。

「誰とも被らないクルーザーデッキを選びたい!」という方には、こんなクルーザデッキがおすすめ。

オレオの形をしたクルーザーデッキや

エイリアンの形をしたクルーザーデッキ

棺桶の形をしたクルーザーデッキも

どれもかなり個性的なシェイプですよね。

このようにふざけたクルーザーデッキを出しているブランドも多いので、面白いシェイプのクルーザーデッキを探してみるのも楽しいですよ。

定番のクルーザーにしたい

ここまで色々な観点でクルーザーをご紹介してきましたが、
「どれを選んでいいかわからないから、定番のクルーザーデッキを使いたい」
という方も多いと思います。

そんな方には、スケボーショップ「カリフォルニアストリート」のクルーザーデッキがおすすめ。

乗りやすく持ち運びやすいサイズかつ、値段も手頃。

クルーザーの入門にぴったりなクルーザーデッキです。

究極にこだわりたいなら自作のクルーザーデッキがおすすめ

先ほどお伝えしたようにクルーザーでトリックしないなら、クルーザーデッキのシェイプはどんな形でもOK。

そのため、自分だけのシェイプを自作するスケーターも結構多いです。

トリック用のデッキで使い古したものをノコギリで切って、ペンキで自分の好きな色に塗り、自分だけのクルーザーデッキを作るのも楽しいですよね。

本当にこだわり抜きたいなら、自作のクルーザーデッキを検討してもいいと思います。

楽しみ方に合わせたクルーザーデッキを選ぼう

クルーザーデッキは、自分の楽しみ方や乗るシチュエーションに合わせて選べると、クルージングがより楽しくなります。

この記事で自分に合ったクルーザーデッキが見つかれば幸いです。

私のクルーザーのセットアップはこの記事でご紹介していますので、よかったらどうぞ。

【マイセットアップ】安定感抜群!撮影にも使えてトリックもできるクルーザーのセットアップご紹介

スケーターによるスケーターのためのブランド「Marry」

CTA-IMAGE これまでこの「MarryMag」を通して、みなさんのスケートライフを応援してきた「Marry」がオリジナルアパレルを販売。 「Marry」が販売するオリジナルアパレルや作品は、Marryと関わりあるスケーターが作ったもの。 どれも各スケーターがこだわりを持って作った作品です。

パーツの選び方カテゴリの最新記事