20代後半〜40代のスケーターに試してほしい!長く滑り続けられるコンディションを作る4つの習慣

20代後半〜40代のスケーターに試してほしい!長く滑り続けられるコンディションを作る4つの習慣

長く滑り続けるために大切な4つのコト

20代後半〜40代のスケーターのみなさん、こんなお悩みはありませんか?

  • 長く滑りたいけど体がついてこない
  • 滑った翌日は色々なところが筋肉痛
  • 怪我が多くて、ブランクが空いてなかなか上手くならない
  • 腰痛が辛くて思うように動けない

私は20代後半ですが、20代前半と比べると少しずつ体力が落ちて、集中して滑れる時間が短くなってきた気がします。

20代前半は毎日滑っても全然辛くなかったのに、今では3日連続で滑ると結構しんどいです。

やはり、20代後半から少しずつ体は衰えるようですね。

また、それだけではなくスケボーだけに集中できる環境ではないことも、滑れる時間が短くなってきた原因の1つだと思っています。

ただ、社会人の方でスケボーだけに集中できる環境がある方はそういないはず。

私もデスクワークとスケボーで腰を痛めたので、スケボー以外の部分が生活の大半を占めると、体を長く滑れる良いコンディションに保つのが難しいと感じています。

それでもできるだけ良いコンディションを保ち、できるだけ長く滑り続けたいと強く思っています。

そこで良いコンディションを保つ・作るためにどうすればいいか、色々と調べて試してみました。

良いコンディションを保つために色々試した中でも、うまくいった4つの習慣を今回はご紹介します。

Advertisement

良いコンディションを保つ・作る4つの習慣

色々と調べた結果、良いコンディションを保つためにはこの4つが重要でした。

  • スケボー以外の運動
  • バランスの良い食事
  • 適切な睡眠時間
  • ヨガ

そのため、私は良いコンディションを保ち・作るために

  • 週2回のワークアウトと週1回のランニング
  • 運動前後にプロテインを飲む
  • 週3〜4回のヨガ
  • 23時〜24時には必ず寝る

を習慣として取り入れています。

私は週3回〜4回滑っているのですが、この4つの習慣を取り入れてからは怪我が少なくなり、滑る体力も以前より続くようになりました。

コンディションを保つ努力をしてる海外のプロスケーター達

プロスケーター ワークアウト※画像はaskmeサイトから引用

海外のプロスケーターも、20代後半になると身体のケアにはかなり気を使っているようです。

私が知ってるだけでも

  • Luan Oliveriaは毎日5kmのランニングと軽いワークアウト
  • Ryan Shecklerはハードなワークアウト
  • Chaz Ortizeも週に何回かワークアウト
  • Neen Williamはビーガン(動物性の脂を取らない)になり、酒・タバコをやめて、毎日ヘルシーな食事とヨガ・ワークアウトを習慣にしている

とトップのプロスケーターは、ワークアウトしたり食事に気を使っています。

スケボーだけだと使う筋肉が偏りますし、20代後半からはどうしても体が衰えてしまうため、ワークアウトして食事に気を使わないとプロでさえコンディションを維持できないんだと思います。

毎日滑ってるプロでさえ体が衰えてしまうので、私たちはもっと体が衰えるスピードが早いはず。

だからこそ、私たちもできる限り体が衰えないような取り組みが必要です。

そもそも良いコンディションってどういう状態?

良いコンディションとは、体がよく動き集中できる状態です。

つまり、

  • 疲れていない
  • 怪我していない状態

だと言えます。

疲れていると体がうまく動きませんし、疲れている状態で滑ると怪我に繋がります。

怪我している状態だと痛みを気にして、滑りに集中できず、気持ちよく滑れないまま疲れてしまう。

このような悪循環におちいらないためにも、コンディション作りは大切です。

でも具体的にどんなことをすればいいのか、迷いますよね。

良いコンディショを保ち・作るためにどうしたらいいかわからない方のために、私が行っている4つの習慣をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

週2回のワークアウトと週1回のランニング

ワークアウト

腰を痛めたことをきっかけにワークアウト(筋トレ)とランニングを始めました。

  • 週2回のワークアウトは自宅で自重トレーニングだけ
  • 週1回のランニングは自宅の周りを5km程度

を継続して行っています。

体全体の筋肉を鍛えることで、腰痛も良くなり、今では腰の痛みを気にせず滑れるようになりました。

スケーターがワークアウトやランニングするメリットは、この三つです。

  • 腰痛などの怪我の予防になる
  • 体幹を鍛えることで安定感が増す
  • 滑る体力が増える

特に「怪我の予防になる」メリットは大きいと思います。

怪我すると滑れない期間が出来たり、最悪の場合はスケボーをやめざるを得なくなります。

「スケボー以外にそんなに運動できない」という方は、自分のできる範囲で構わないのでワークアウトを始めてみてください。

それだけでも効果が出るはずです。

また、どんなワークアウトをすればいいかわからないという方は、NikeTraningClubというアプリがオススメです。

このアプリを使えば、自分の環境や体調に合わせたワークアウトメニューを組んでくれて、ワークアウトの方法を動画で解説してくれます。

私もこのアプリを使って、ワークアウトしてます。

NikeTraningClubに興味がある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

スケーターにこそ試してほしい!自宅で本格的な筋トレができる無料アプリ「NTC」のご紹介

運動前後にプロテインを飲む

HMB入りプロテイン

 

滑る前後にプロテインを飲むと、このような効果があります。

  • 運動して消費したエネルギーをスピーディに補えて、早く疲労回復できる
  • 筋肉がつきやすくなる

特に運動後30分以内は栄養の吸収率が良くなるため、滑り終わってから30分以内にプロテインを飲むように心がけています。

また、ワークアウト後にもプロテインを飲んでいます。
筋肉を効率よく増やすためには、普段の食事で摂れるタンパク質だけでは足りないので、プロテインで補ってます。

私が最もオススメしたいプロテインはHMB入りのプロテイン「HMBプロテイン18000」。

HMBとはアミノ酸の一種で、この3つの効果があります。

  • 筋肉がつきやすくなる(筋肉量の増加を促進する)
  • 筋肉が分解されにくくなる(筋肉が落ちにくくなる)
  • 筋肉の損傷を防ぎ、回復を早める効果がある

良いコンディションを保つために、筋肉を増やし疲労を早く回復したいと思っているスケーターにはぴったりのプロテインだと思います。

私も1ヶ月試しただけで、効果を実感したのでプロテインを買うなら「HMBプロテイン18000」がオススメです。

プロテインとしてはちょっと高いですが、定期購入で割引があります。

HMBプロテイン18000の効果や味についてはこの記事で紹介しているので、気になる方はこちらもどうぞ。

滑った次の日の筋肉痛や疲労を早く回復したい方にオススメのプロテイン「HMBプロテイン18000」

週3〜4回のヨガ

ヨガ

滑った後やワークアウトの後はできるだけ、ヨガをやることにしています。

先ほどご紹介したNikeTraningClubのアプリでヨガも教えてくれるので、自宅でやっています。

ヨガをやるメリットはこの3つ。

  • 疲れて硬くなった筋肉がほぐれて、疲労回復が早くなる
  • 体のコンディションがわかる
  • 体幹が鍛えられる

疲れて硬くなった筋肉がほぐれて、疲労回復が早くなる

運動した後、使った筋肉には疲労物質が溜まっているため、筋肉は硬くなります。

筋肉が硬くなると血流が悪くなるため、栄養が筋肉に届きにくい状態になります。

そのため、ヨガで筋肉をほぐすと栄養が筋肉に届きやすくなり、回復が早くなるようです。

体のコンディションがわかる

ヨガをすると体の1部分が硬く感じたり、動かしにくさを感じたりと悪い部分がすぐにわかります。

でもヨガをやると、その悪い部分もほぐれて動かしやすい状態になります。

プロスケーターのNeen WiliamsやSpencer Hamiltonもヨガを習慣にしているそうです。

体幹が鍛えられる

スケボーでかなり重要な「体幹」もヨガで鍛えられます。

「体幹」を鍛えることで、ボードの上でのバランスが良くなるため、怪我の防止にもつながります。

ヨガを自宅でやるならヨガマットは必須。フローリングでヨガやると結構痛いです。

23時〜24時には必ず寝る

私はできるだけ毎日23時〜24時には寝るようにしています。

睡眠時に出る成長ホルモンが回復を促進するため、疲労回復には充分な睡眠が必要です。

休日前は夜遅くまで起きてることが多かったのですが、次の日のコンディションを考えて、最近は休日前でも早く寝るようにしています。

できることからちょっとずつ

今回ご紹介したこの4つの方法を全て取り入れるのはハードルが高いと思います。

  • スケボー以外の運動
  • バランスの良い食事
  • 適切な睡眠時間
  • ヨガ

挫折しないように、自分にとって取り入れやすいものから挑戦してください。

私がまずオススメしたいのは、

  • スケボー前後のプロテイン
  • ヨガ

です。

この二つは取り入れやすいですし、効果も実感しやすいです。

良いコンディションを保つのは大変ですが、長く滑り続けられるように一緒に頑張って体のコンディションを整えていきましょう!

身体のケア・トレーニングカテゴリの最新記事