バックサイドノーズライドをメイクするためのポイント

バックサイドノーズライドをメイクするためのポイント

今回はレッジトリックであるバックサイドノーズスライドのポイントをお伝えします。

レッジトリックの中でも初心者向けのトリックですが、これを覚えるとストリートで色々な縁石にかけられるようになるので、ボードスライドの次に練習するのがオススメ

ノーズスライドは、その名のとおりノーズを縁石にかけて滑らせるトリックです。

イメージがわかない方はこちらの動画をご覧ください。

ノーズスライドのポイントは大きくわけるとこの2つです。

  • 広めのスタンスでオーリーする
  • 75度ぐらいの角度でノーズをかける

広めのスタンスでオーリーする

ノーズスライドはボックスに乗った時に、ノーズの真上に重心を乗せる必要があります。

そのためには、ノーズをボックスやレッジへかける時に、前足をノーズの先まで擦る必要があります。

スタンスを最初から広めにしてオーリーすると、少し擦るだけでノーズまで前足がいくので、重心をノーズの真上に乗せやすくなります。

75度ぐらいの角度でノーズをかける

ノーズスライドでありがちな失敗が「ノーズはボックスにかかるけど、詰まって滑らない」こと。

この失敗の原因はこの2つ。

  1. 重心がデッキよりも進行方向側にあるため、ノーズを乗せた瞬間にブレーキがかかる
  2. ノーズをかける角度が90度

この2つの中でも「ノーズをかける角度が90度」が失敗の原因になっている方が多いです。

「ノーズスライドはノーズを90度の角度でかける」と思っているスケーターが多いのですが、最初から90度の角度でノーズをかけると滑らないんです。

ノーズをかける角度は75度ぐらいにすると、アプローチのスピードを殺さずにノーズを滑らせられます。

75度の角度でノーズをかけてもノーズを滑らすうちに90度になります。

ノーズスライドを練習しても、なかなかうまくいかない人はぜひ参考にしてみてくださいね。

カーブトリックを練習し始めた人に伝えたい2つのコツ

Howto記事カテゴリの最新記事