Bones Wheels(ボーンズウィール)の選び方を徹底解説

Bones Wheels(ボーンズウィール)の選び方を徹底解説

この記事では、Bones Wheels(ボーンズウィール)の種類と選び方を解説していきます。

  • Bones Wheels(ボーンズウィール)が気になっている
  • Bones Wheels(ボーンズウィール)を使うか検討中
  • Bones Wheels(ボーンズウィール)を使ったことがない

というスケーターはぜひ参考にしてくださいね。

Bones Wheels(ボーンズウィール)とは

まずはBones Wheels(ボーンズウィール)をよく知らない方のために、どんなブランドかをご紹介していきましょう。

Bones Wheels(ボーンズウィール)は、Spitfire(スピットファイヤー)についで有名かつシェアが高いウィールブランドです。

アメリカだけでなく日本のシェアも高いウィールブランドで、スケーターなら誰しも知っているといっても過言ではありません。

ドクロのマークで有名なPowell(パウエル)の自社工場でウィールを製造しています。

スケボーの専用の最高品質のウレタンを使ったウィールが特徴。

Bones Wheels(ボーンズウィール)のウィールはパンクしないことで有名です。

Bones Wheels(ボーンズウィール)のラインナップ

boneswheelsのラインナップBones Wheels(ボーンズウィール)には、4つの種類があります。

  • STF(STREET TECH FORMULA)
  • SPF(SKATEPARK FORMULA)
  • ATF (ALL TERRAIN FORMULA)
  • DTF(DITCH TECH FORM)

また、それぞれの種類ごとにいくつかのシェイプ(形)があるため、選択肢はかなり多いです。

STF(STREET TECH FORMULA)とは

STF(STREET TECH FORMULA)には、ストリートで滑るために開発された特別なウレタンが使われています。

STFは、速いスピードを出した時のリバウンド性とスライド性を兼ね備えており、摩擦にも強いタフで使いやすいウィールです。

SPF(SKATEPARK FORMULA)とは

滑りやすい路面でも高いグリップ力で安定して滑れるウィールが、SPFです。

パンクすることがほとんどなく、長持ちするウィールと言われています。

また、STFよりもSPFの方が硬いのも特徴的。

ATF (ALL TERRAIN FORMULA)とは

粗い路面でもスピードを落とさず、スムーズに滑れるソフトウィール。

DTF(DITCH TECH FORM)とは

DTFもATFと同じくソフトウィールですが、ATFよりもさらに柔らかく大きいのが特徴。

どの種類を選べばいいの?

スケートボードのイメージここまでお読みいただいた方は、Bones Wheels(ボーンズウィール)に数多くの種類があることがわかったと思います。

ただ、結局どれを選べばいいのかイマイチわかりにくいですよね。

特に初心者の方だと、自分にどれがあっているかもわからないと思います。

そんな方のために、どんなスケーターにどのウィールがあっているか、解説していきます。

ストリートスケーターならSTF(STREET TECH FORMULA)がオススメ

路面がいいスケートパークだけでなく、粗い路面やストリートで滑ることが多いスケーターは、STF(STREET TECH FORMULA)がオススメです。

STFには4つのシェイプが用意されており、自分のスタイルに合わせたウィールを選べます。

自分のスタイルがよくわからないけど、まずはBones Wheels(ボーンズウィール)を使ってみたいという方は、このSTFがオススメ。

アールメインならSPF(SKATEPARK FORMULA)がオススメ

ランプやプール、ボウルがメインだったり、きれいな路面のスケートパークで滑ることが多いスケーターにはSPFがオススメです。

硬いけどグリップ力が高いので、横滑りしづらく安定した滑りができます。

ただ、ウィールのサイズが大きいものが多く、トラックの車高が高くないとウィールバイトしてしまいます。

SPFもSTFと同様に4つのシェイプがあるため、自分のスタイルに合わせたウィールを選べます。

きれいな路面のスケートパークで、ストリートしたいならこのSPFがオススメ。

アールがメインのスケーターは、こちらのウィールがオススメ。

クルージングを楽しみたいならATF (ALL TERRAIN FORMULA)がオススメ

ストリートやアールでトリックをするのではなく、街中でのクルージングがメインならATFがオススメです。

ATFはウィールのサイズが小さいものがあり、トリックもできるクルーザーのセッティングにも使えます。

ただ、ソフトウィールとしてはグリップ力が弱め、かつちょっと硬めなので、路面が粗いところはちょっと辛いかも。

ATFの中でも特にオススメなのが、「Rough Ridersシリーズ」。

接地面が広いシェイプかつセンターコアなので、安定化が抜群。

2019年時点でATFを使うなら、「Rough Ridersシリーズ」を試すべきです。

ガチでクルージングをしたいならDTF(DITCH TECH FORM)がオススメ

  • ガチでクルージングしたい
  • 粗い路面でもできるだけスムーズに滑りたい
  • クルーザーでガンガンスピードを出したい

という方はATFよりもDTFがオススメ。

ATFよりもさらに柔らかくグリップ力が高いDTFですが、日本国内では取り扱い店舗がないため入手が困難です。

ただ、個人的にはATFでもガンガンスピード出せるし、粗い路面でもそこまでストレスを感じないので、ATFで充分だと思ってます。

Bones Wheels(ボーンズウィール)を使った感想

私が使ったのは「STF」と「ATF」の2種類。

どちらも他のウィールとの違いが体感でわかるほど、質が高いウィールでした。

STFにしてもATFにしても、とにかく滑らかでした。

STFはグリップ力がありつつ、スライドがかなりしやすいウィールなので、トリックもしやすかったです。

Bones Wheels(ボーンズウィール)とよく比較されるのが、Spitfire(スピットファイヤー)のFormula Four(フォーミュラーフォー)。

Formula Four(フォーミュラーフォー)よりもBones Wheels(ボーンズウィール)のSTFが優れているのは、この2つです。

  • パンクのしにくさ
  • 硬さ(スライドしやすさ)

ただ、Bones Wheels(ボーンズウィール)STFの方が消耗しやすく感じます。

とはいえ、どちらも同じぐらい質が高く、周りのスケーターが使っているウィールも、「Formula Four(フォーミュラーフォー)」かBones Wheels(ボーンズウィール)「STF」の二択。

あとは本当に好みのレベルなので、使い比べてみるのがオススメです。

この記事を読んで、Formula Four(フォーミュラーフォー)が気になった方は、こちらの記事もどうぞ。

【高性能・安定感抜群のウィール】スケボー初心者にもおすすめのスピットファイアのFORMULAFOUR

スケーターによるスケーターのためのブランド「Marry」

CTA-IMAGE これまでこの「MarryMag」を通して、みなさんのスケートライフを応援してきた「Marry」がオリジナルアパレルを販売。 「Marry」が販売するオリジナルアパレルや作品は、Marryと関わりあるスケーターが作ったもの。 どれも各スケーターがこだわりを持って作った作品です。

パーツの選び方カテゴリの最新記事