ベアリングを選ぶポイントと定番のベアリングメーカー

ベアリングを選ぶポイントと定番のベアリングメーカー

ウィールと同じくスケボーのスピードに大きく影響を与えるベアリング

ベアリングをウィールの両側面の穴にはめてトラックにセットすることで、プッシュする力が効率よくスケボーを進める力に変わります。
※写真のオレンジの部分がベアリングです。

ベアリング

ウィール1個に対して2つのベアリングが必要なので、スケボー1台に必要なベアリングは8つ

基本的には8つセットで売っていますが、バラで売っていることもあります。

今回はベアリングを選ぶ上で知っておきたいポイントと定番のベアリングメーカーを紹介します。

ベアリングを選ぶ2つのポイント

ベアリングを選ぶ時に知っておきたいポイントは、この2つ。

  1. ベアリングの回転しやすさを表す規格
  2. ベアリングの種類

ベアリングの回転しやすさを表す規格

ベアリングの回転しやすさはABEC(エイベック)で表記されます。

  • ABEC1
  • ABEC3
  • ABEC5
  • ABEC7
  • ABEC9

と数が大きくなればなるほど、回転しやすいベアリングだと思ってください。

回転しやすければ回転しやすいほど、スケボーでスピードも出しやすくなります。

つまり、ABECの数が大きくなればなるほど、スピードを出しやすくなるということです。

まだスケボーに慣れていないうちは、ABEC3やABEC5を使うことをオススメします。

慣れていないとスピードのコントロールができず、スピードがつきすぎてやりにくくなってしまうからです。

スケボーに慣れてきたら、スピードを出しやすいABEC7やABEC9を使ってみましょう。

ベアリングの種類

ベアリングの回転を良くするために使われるオイルの種類によって、ベアリングはグリスタイプオイルタイプにわかれます。

グリスタイプ

グリスタイプのメリットは、メンテナンス不要であること。

ベアリング内部のオイルがグリスであるため、理論上は半永久的にオイルが切れません。

そのため、メンテナンスしなくてもスピードが落ちにくいと言われています。

オイルタイプ

オイルタイプはしっかりメンテナンスすることで、グリスタイプのベアリングよりも回転しやすくなります。

ただ、オイルタイプは定期的にベアリング専用オイルをささないと、ベアリングが回転しなくなります。

ベアリング専用オイルはこういった小さい容器に入って売っています。

オススメはグリスタイプ

ストリートやアールでトリックをするとベアリングは結構壊れるので、私はグリスタイプがオススメです。

メンテナンスの手間がいらず、回転しなくなった時には壊れることも多いので、グリスタイプを買い替えていく方が効率的だと思います。

ただ、クルージング専用のスケボーであれば、オイルタイプにした方がいいです。

クルージングでベアリングが壊れることは少ないですし、定期的にオイルをさしておけば、回転力も保つことができます。

定番のベアリングメーカー

ここからは定番のベアリングメーカーを紹介していきます。

ここでご紹介するメーカーのベアリングは、どれも質の高いものばかりです。

NINJA(ニンジャ)

国内シェアNo1のベアリングメーカーの「NINJA(ニンジャ)」

日本国内で生産しており、世界のプロライダーも使っています。

質も高く、すぐ壊れたり回転が悪くなるという話をあまり聞きません。

Bones bearing(ボーンズ ベアリング)

スケボー専用にゼロから設計し、スケボーに最適なベアリングを作り上げた「Bones bearing(ボーンズ ベアリング)」

スケボー用のベアリングに工業規格はあてはまらないという理由で、ABEC表記してないという、良い意味でスケーターらしいメーカーです。

当然ベアリングの質も高く、Bones bearing(ボーンズ ベアリング)の最上級モデルである「BonesBearing Swiss Ceramic」を愛用しているプロライダーも多くいます。

ただ、最上級モデルの金額は「BonesBearing Swiss Ceramic」は1万8千円〜2万円もします。。

このモデルのベアリングは、ベアリング内部にあるボールがセラミック製になっており、硬くて強いのに軽量。

そのため、めちゃくちゃ回転するらしいです。

私の周りにも使っているライダーはいない憧れのベアリングです。

もちろん、他のベアリングメーカーと同じぐらいの価格帯のベアリングもあるので、安心してくださいね。

BonesBearingなら安いラインのベアリングでも充分回転するので、気になったら安いモデルから試してください。

Bronson Bearing(ブロンソン ベアリング)

トラックのIndependent(インディペンデント)を作っているNHS社が本気で開発したと言われる「Bronson Bearing(ブロンソン ベアリング)」

最新技術を取り入れて作られているため、従来のベアリングを耐久性と回転力の両方で凌駕しています。

私も実際に使っているのですが、ここまでご紹介してきたNINJA(ニンジャ)やBonesBearing(ボーンズ ベアリング)よりもBronson Bearingの方が耐久性が圧倒的にいいんです。

また、回転も落ちにくいため、私が一押ししたいベアリングです。

ANDALEBearing

レジェンドと言って差し支えないプロスケーターPaul Rodrigues(ポール・ロドリゲス)とマニュアルマスターのJoy Brezinski(ジョイ・ブレジンスキー)の二人が設立したブランド。

他にもTorey Pudwill(トーレー・パドウィル)やDaewon song(デーウォン・ソン)など、トッププロが多くスポンサードされています。

BonesBearingの最上級モデル「BonesBearing Swiss Ceramic」と同様に、セラミックボールが使われているのにも関わらず、3,000円〜7,000円で購入することができます。

セラミックボールを使っていることや、海外のトッププロが使っているため、質の高さは折り紙つき。

ここまで読んでも迷ったらBronsonがオススメ

ここまでご紹介した中で、気になるベアリングは見つかったでしょうか。

ABECの表記で回転のしやすさを確認し、オイルのタイプをどちらにするか選び、自分に合うベアリングを見つけてくださいね。

もしそれでも使いたいベアリングや、何を使っていいかわからなければ、ぜひBronson Bearingを使ってみてください。

耐久性も回転の良さもかなりいい感じです。

快適に滑るために知っておくべきウィールの選び方と定番のウィールブランド

パーツの選び方カテゴリの最新記事