難易度が低いスケボーのトリックとトリックを練習するオススメの順番

難易度が低いスケボーのトリックとトリックを練習するオススメの順番

スケボーを始めたばかりの方は、

  • どのトリックから練習したらいいのか
  • どんなトリックがあるのか
  • 難易度が低いトリックはどれか

わからないため、何を練習したらいいのかわからないですよね。

そんな方向けに今回の記事では

  • 難易度が低いトリック
  • トリックを練習する順番

をお伝えします。

スケボー初心者の方は挑戦してみよう!難易度が低いトリックのご紹介

スケボー初心者の方にオススメのトリックは、この4つ。

  • プッシュ
  • チックタック
  • テールマニュアル
  • ショービット

どれもスケボーに乗り慣れるには最適なトリックです。

プッシュ

スケボーの基本中の基本といえる「プッシュ」。

後ろ足で地面を蹴って、スケボーで進むトリックです。

これができないとスケボーで進むこともできませんし、他のトリックに挑戦することもできません。

プッシュが上手ければ上手いほど、他のトリックもやりやすくなるので、スケボー初心者の方はたくさんプッシュしましょう。

少し慣れてきたら、人通りや車通りの少ないストリートを滑ってみてもいいと思います。

そうすると色々な状況下でのプッシュに慣れて、さらにプッシュが上手くなります。

チックタック

プッシュの次に挑戦することが多い「チックタック

テールを踏んでノーズを上げた状態で左右に振って、プッシュをせずに進んでいくトリックです。

スケボーのトリックの中でも最も難易度が低いトリックです。

「チックタック」を練習することで、テールを踏む感覚が身につくため、次のトリックである「マニュアル」や「オーリー」に繋がります。

プッシュに慣れてきたら、「チックタック」に挑戦してみましょう。

チックタックのコツはこちらの記事をどうぞ。

チックタックができない人が意識するべき4つのポイント

テールマニュアル

テールマニュアルは、テールを踏んでノーズ側のトラックを上げ、テール側のウィールだけで滑るトリックです。

チックタックの次のステップとしてオススメのトリックです。

テールマニュアルを練習すると、バランスを崩さずにテールを踏む感覚を身につけられます

テールマニュアルを長続きさせるポイントは、こちらの記事にまとめています。

マニュアルを長続きさせるためのポイント

ショービット

ショービットはテールをしゃくって、板を180度回転させるトリックです。

ここまでご紹介してきた中のトリックでは、難易度が高いショービット。

ただ、コツさえ掴めればすぐに乗れるトリックなので、頑張って挑戦しましょう。

ショービットはポップショービットや360flipなど、板を横に回転させるトリックの基本になるため、ぜひ身につけておきましょう。

ショービットの練習方法やコツについては、こちらの記事を参考にしてくださいね。

スケボーに乗りなれたらオーリーに挑戦してみよう!

ここまでのトリックができるようになったら、スケボーにかなり乗り慣れてきたはず。

スケボーに乗りなれたら、次はオーリーに挑戦してみましょう。

オーリーができるようになると、挑戦できるトリックがかなり増えるため、一気にスケボーの世界が広がり、スケボーがさらに楽しくなります。

オーリーはかなり難しいトリックですが、諦めずに挑戦しましょう!

オーリーを徹底解説!これを読めばオーリーを理解できる

トリックを練習するオススメの順番

スケボー初心者の方は、ここまでご紹介してきたトリックをまず練習してみましょう。

練習するオススメの順番としては、以下の通りです。

  1. プッシュ
  2. チックタック
  3. マニュアル
  4. ショービット
  5. オーリー

難易度が低いトリックから、徐々に練習していきましょう。

難易度が低いトリックから、少しずつステップアップしよう

スケボーはどのトリックから練習してもいいのですが、難易度が低いトリックから練習すると、できるトリックが増えやすいためモチベーションが高くなります

また、必然的に基礎トリックから練習することになるので、トータルで見ると上達が早いです。

基礎トリックを飛ばして応用トリックを練習しても、習得に時間がかかったり、習得できても精度が低くなります。

いきなり応用トリックを練習したくなる気持ちもわかりますが、焦らずに難易度が低いトリック・基礎トリックから徐々に練習していきましょう。

こちらの記事も合わせてどうぞ

トリックの覚える順番を考えればスケボーは早く上手くなれる

Howto記事カテゴリの最新記事