バックサイド180オーリーが180度回らない人に伝えたい3つのコツ

バックサイド180オーリーが180度回らない人に伝えたい3つのコツ

今回の記事ではバックサイド180オーリーで、180度しっかり回しきるコツをお伝えします。

  • 90度まで回るけどそれ以上回らない
  • 回そうとしてるけど、全く角度が入らない

とお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

バックサイド180ってどんなトリック?

バックサイド180オーリーは、オーリーして腹側に180度回るトリックです。

板も体もセットで180度回転します。

どんなトリックかイメージがつかない方はこちらの動画をご覧ください。

フロントサイド180オーリーと同じく基礎トリックなので、しっかり身につけましょう

フロントサイド180オーリーをメイクする3つのポイント

バックサイド180オーリーを身につけておくと、バックサイドキックフリップやバックサイドヒールに繋がりますし、レッジトリックで人気があるバックテールにも繋がるトリックです。

上半身を先行して回す

バックサイド180

バックサイド180を練習してる方によくあるのが

体と板どちらも腹側に全然回ってくれない

という悩み。

腹側に回らない多くの原因は、上半身の先行動作が足りないことです。

叩く動作より先行して上半身をしっかり回しましょう。

上半身が回れば下半身もついてくるはずなので、とにかく上半身を先行して回すことが1つ目のコツです。

ただ、上半身を回す時に重心をぶらさないように気をつけてください。

腹側に回るので重心も腹側になりやすいのですが、しっかりと板の真ん中に重心を置くことを心がけましょう。

一気に180度回す

次に多い悩みが

体も板も90度までしか回らない

です。

これは上半身の回転が足らないことが原因です。

おそらく上半身の回転が90度かそれ以下の角度で止まってるため、板も体も回らないのだと思います。

上級者のバックサイド180を見ると、

前半の90度を上半身で回し
後半の90度を下半身で回す

という動きをしていますが、これを最初から真似するのはかなり難しいです。

この動きをするためには、ある程度と慣れと余裕が必要なので、最初は一度に上半身を180度回しきるイメージで上半身を回しましょう

テールをポップショービットのように弾こう

テールをポップショービットのように弾くと、板は腹側に回りやすくなります。

きちんと弾ければ、板だけはすぐ180度回転すると思います。

その板の動きに体をついていかせるようなイメージでやると、一気に180度回ることができるはずです。

この弾き方ではあまり高さは出ませんが、180度回しきれない方は一度試してみてください。

慣れないうちはキレイなバックサイド180を目指すよりも、どうやったら180度回れるのかを体で覚えることの方が重要です。

最初から100点を目指すのは辛い

バックサイド180の理想形は人によって異なりますが、多くの人は

前半の90度でピークまで持っていき、残りの90度を下半身で持っていく

というイメージをお持ちなのではないでしょうか。

高い理想を持つことは良いことですが、最初から理想=100点満点を目指すと逆に成長スピードを遅くなります

スケボーはどんなトリックでも、初めのうちは形が汚くても乗りに行った方がいいと思います。

その中でメイクする楽しさや体の動かし方、タイミングを覚えてから、形を整える方が最初から理想形を目指すよりも成長は早いです。

メイクできないとストレスが溜まりますし。。

みなさんも最初から理想形にこだわらず「とりあえず180度回しきってメイクする」ぐらいの気持ちで練習してみましょう。

最後にハウツー動画とバックサイド180の練習方法をまとめた動画を貼っておくので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

Howto記事カテゴリの最新記事